名古屋鉄道の沿線が舞台のドラマの第8弾「名古屋行き最終列車2020」の第二夜が、1月28日(火)夜0:18よりメ〜テレにて放送。

名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、乗客たちのふれあいを描いた珠玉の物語で、第二夜は寺島進が30年前に別れた恋人と再会する大人のラブコメディー。

修行していたラーメン店の売上金を持ち逃げし、全国を逃げ回っていた昌平(寺島)が神宮小路に戻り、かつての店を引き継いで1年が過ぎた。

ある日の仕事終わりのいつもの最終列車で昌平は、偶然、30年前に結婚の約束までしていたにも関わらず、別れた女性・涼子(中島ひろ子)を見かける。

店の売上金を盗み、涼子を置き去りにして逃げてしまった昌平だったが、30年間ずっと彼女に負い目を感じて生きてきていた。だが、涼子への恋心は変わっておらず、世話になっている小夜子(石野真子)に相談すると、「女は30年間も一人の男を待っているわけがない」と一蹴されてしまう。

そんな昌平は小夜子の言葉も聞かずに、涼子に自分の気持ちを素直に伝えるが、涼子は何も覚えていないと言う。

また、第二夜には2月1日(土)の「SKE48編」に出演する大場美奈が登場している。(ザテレビジョン)