NMB48・梅山恋和のソロコンサート「梅山恋和ソロコンサート 〜笑梅繁盛で餅もって恋!〜」が1月25日、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開催された。

梅山は、AKB48の最新シングル『サステナブル』のカップリング曲で、次世代メンバー選抜の「48グループNEXT12」でダブルセンターを務めるなど、大注目の16歳。

■ ライブレポート

アリーナ席のおよそ3分の1が女性エリアになるなど、多くの女性ファンも詰め掛けた会場にOvertureが流れると梅山が和服風の衣装で杵と臼とともに登場し、1曲目に『わるきー』を披露。

お餅好きで知られる梅山は「重くて餅つきできないー。誰か餅ついてくださいー」と言うと、お笑い芸人のクールポコ。の二人がステージに登場。その後の『ワロタピーポー』では客席にお餅をまく演出も。

MCでは「緊張の向こう側、“緊張オブ緊張”みたいな感じだったんですけどオープニングから盛り上げて下さって一気に不安がぶっ飛びました」と客席に挨拶。

その後、赤と白のロリータファッションで登場し『夢でKiss me』『ハート型ウイルス』『キャンディ』『やさしくするよりキスをして』を連続で披露し、キュートでメルヘンな世界で観客を魅了した。

続く常識クイズコーナーでは「日本の首都はどこ?」という問題に「大阪?」と答え観客を笑わせたが、18問中6問を正解してみせた。

さらに、コント映像「梅山恋和 七変化」が流れると、梅山が“河童”“地蔵”“ブルゾンちえみ”などさまざまなキャラクターに変身。シュールなボケとかわいさで会場を笑いに包んだ。

続いて、マイケル・ジャクソン風の衣装で登場し、『Dear.J』などダンスナンバーをクールにパフォーマンス。

インタビュー映像が流れると、グループ加入から現在までを振り返り、「かわいいだけじゃ許されない。何か武器が無いと。何かを探していけたら」と決意を新たにした。

最後のブロックでは、『最強ツインテール』のチェック柄の衣装を身にまとい、『オネストマン』『高嶺の林檎』と盛り上げ、ラストに『大声ダイヤモンド』を披露し本編を締めくくった。

■ 「NMB48のセンターを目指したい」

アンコールでは、「ファンの皆さんのおかげでソロコンができました。ありがとうございます」とファンに感謝。「まだまだ頼りない私ですし、ふにゃふにゃしてるし、知名度も無くて、焦りとかもあったりするんですけど、何も考えてないように見えてすごく考えていて…」と語り、「いろんな目標があって…、私がNMB48を引っ張っていく存在になりたいのはもちろんなんですけど、NMB48のセンターを目指したいと思います!」と決意。

『モニカ、夜明けだ』で共にダブルセンターを務めるAKB48・山内瑞葵が、AKB48のシングルのセンターを務めることが発表されたことに触れ、「前までだったら“悔しい”という気持ちは無かったんですけど、“悔しい”という気持ちを持つようになりました」と力強く言うと、ファンからは「頑張れ!」と温かい声援が。

「まだまだな私なんですけど、後輩もたくさん入ってきて、このままじゃだめだなと思っているので、強いアイドルになりたいと思います。しゃべりを上手くなりたいでーす」と最後はにっこり笑顔を見せた。

「まだまだ盛り上げていけますかー?」と客席を煽り、『法定速度と優越感』『サササ サイコー!』を歌いあげ大盛り上がりの中、ライブの幕を閉じた。

■ セットリスト

M1.わるきー

M2.HA!

M3.ワロタピーポー

MC

M4.夢でKiss me

M5.ハート型ウイルス

M6.キャンディ

M7.やさしくするよりキスをして

MC

M8.DANCE-UMEYAMA JACSON-

M9.モニカ、夜明けだ

M10.Dear.J

M11.プライオリティ

M12.ジャングルジム

MC

M13.太陽が坂道を昇る頃

M14.最強ツインテール

M15.アップデート

M16.オネストマン

M17.高嶺の林檎

MC

M18.大声ダイヤモンド

EN1.虫のバラード

EN2.虹の作り方

EN3.BINGO!

MC

EN4.法定速度と優越感

EN5.サササ サイコー!(ザテレビジョン)