パフォーマー・俳優の岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)が吉野家のTV CMに出演することがわかった。

岩田が出演する新TV CM第1弾は、「がっつく牛カルビ定食」篇で、1月29日(水)11時より全国(一部エリアを除く)で放映される。岩田は、学生時代から現在まで吉野家を長く愛好しているという。

新TVCMでは、仕事終わりの夜、吉野家に来店した岩田が「牛カルビ定食」をがっつり食べる様子を捉えたCMとなっている。テーブル席で「牛カルビ定食」と対面した当初は品良く手を合わせて「いただきます」と言っていた岩田だが、食べ始めると、迷わず牛カルビをご飯の上にがっつりとのせて大胆に口を開け、夢中でかき込んでいく。

今回のCMは、本人によると「恥ずかしいくらいに(自分の顔の)どアップが多いCM」ということだ。

■ 岩田剛典コメント(メイキングムービーより抜粋)

本当に驚きました。学生時代から通い詰めた吉野家さんなので、まさかこんなお話をいただけるなんて夢のようでしたし、でも、今まで食べてきた自負があるのでしっかりと吉野家の牛丼の良さを伝えられる自信はあるなと勝手ながら思っています。

■ 食べる姿が美しすぎる!と監督・スタッフ一同が大絶賛

岩田が「牛カルビ定食」を口いっぱいに頬張るシーンでのこと。

大胆に大きく口を開ける岩田の食べっぷりは「しっかりとおいしさが伝わり、さらに美しい!」と監督やスタッフから大絶賛だった。岩田はそのコツを「普段以上に男らしく、荒々しく、3日位断食した末の人のような食べっぷりを見せる」とコメント。

その言葉通り、前日の夜からお腹を空かせてきたという岩田は、「牛カルビ定食」を男らしくかき込んでいた。

■ 決め台詞の演技パターンを自ら提案

岩田が「牛カルビ定食」を食べた後の感想は、自身がアドリブで発した言葉。数種類の台詞や言い方の変化の中で、実際にCM本編で採用された心からの「うまっ…」が出ると、監督も思わず指をグッドポーズにして絶賛していた。

また、ラストの『夜割』に関する決め台詞「ラッキー」のテイクでは、監督から「高めのテンションで」という要望があったが、なかなか思うようなものが撮れなかった。そこで自らクールなパターンを提案し撮影したところ、岩田らしいかっこいい「ラッキー!」が飛び出し、当初とは違うパターンながらCM本編で採用されたという。

■ ミステイクの少ない撮影現場、岩田が苦戦したのは?

順調に進む撮影の中、岩田が唯一苦戦したのは、牛皿から牛カルビを取りご飯の上に盛り付けるシーン。

その豪快な食べっぷりに比例するように、思わず牛カルビを沢山取りすぎてしまい、店内は一気に笑いに包まれた。しかしその他はほとんどミステイクもなく、演技力が十分に発揮された撮影だった。(ザテレビジョン)