グラビアアイドルの森咲智美が、DVD&Blu-ray「花びら」(竹書房)発売記念ファンイベントに出席。囲み取材に応じた森咲が、作品の見どころの他、今後の目標などを語った。

昨年9月頃に静岡・伊豆で撮影された本作について、森咲自身が一番セクシーだなと思うシーンは「(ジャケットの)ボンデージ衣装ですね。ボンデージのシーンで、私は先生の役なんですけど、校長先生に(生徒との)禁断の恋がバレちゃって、校長先生に黙っておいてもらう代わりに何でもしますと言うシーンなんですね(笑)。

これはエロかったですね。奉仕するんですけど、ニップレスがキラキラで、着ててもエロいなと感じたり、チャックも上げたり下げたりしたので、ギリギリまで」とアピールした。

■ 今後やってみたいこと

今回もかなり攻めた内容となっているが、今後の展望について「まだまだこれからもエロを発掘していこうと思っているので、もっともっとエロく過激になっていくと思います。

次回ですか?やりたいことですか?和風な感じのもやりたいですね。1回だけ旅館で働くというシチュエーションはあるんですけど、それではなくて、いい感じのを(笑)。時代劇!?ないですもんね」といろいろと考えはあるらしい。

また取材会に登場した衣装について「森咲らしく変形水着の、ギリギリを攻めた水着で。『グラビア・オブ・ザ・イヤー』2連覇したので、ちょっと女王様っぽく(笑)。キラキラなヒールに紫の衣装を選んでみました」とこだわりを解説した。

2020年の目標に関しては「今年はいろんなことにチャレンジしようと思ってて。今も動いているんですけど、それプラス、私、お酒が好きなのでお酒のロケ番組とか、温泉の番組とか…演技レッスンとかもやっているので女優業もやって、進化していける年にしたいと思ってます」と、さらなる飛躍を誓っていた。(ザテレビジョン)