2018年に公開されて大ヒットを記録した映画「スマホを落としただけなのに」の続編、「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の完成披露試写会が1月29日に東京・千代田区のイイノホールで開催され、千葉雄大、白石麻衣、成田凌、鈴木拡樹、井浦新、中田秀夫監督が登壇。主演を務めた千葉が「みなさんを引っ張っていく心づもりで現場に臨んだので、ブイブイ言わせていました!」とお茶目に語るとともに、先日、乃木坂46の卒業を発表した白石が「これからもたくさん演技をしていきたい」と女優業への思いを明かした。

前作で描かれた連続殺人事件から数ヶ月後。同じ現場から次々と若い女性の遺体が見つかり、刑事の加賀谷(千葉)は先の事件で逮捕した浦野(成田)に捜査協力を依頼する。前作に引き続き「リング」の中田監督がメガホンを取り、刑事・加賀谷役の千葉、連続殺人鬼・浦野役の成田が続投。謎の男から狙われる加賀谷の恋人・美乃里を白石が演じる。

白石は「私ごとですが、先日グループからの卒業を発表させてもらって」と口火を切り、「昨年の夏頃、ちょうど撮影をしていた時期に卒業のことも悩んでいたんです。でもこの作品にかける思いがすごく強かったので、とにかくこの作品には全力を出し切っていこうと思って。撮り終わったときに、なにか卒業とつながるものがあって。今かなと思ったので、卒業を発表させてもらった」と告白。「この作品でたくさん勉強になったこともあるし、自分の成長にもつながりました。この作品に出会えてうれしく思っています」と笑顔を見せた。

本作で白石は体当たりの演技を披露しており、千葉は「大変なシーンもあったと思うんですが、監督の演出に対して一つ返事で『はい、わかりました』と撮影に臨まれていて、その真っ直ぐな姿勢が同じ役者として『かっこいいな』と思いました。宣伝活動でも『白石さんと一緒だからこそ、できることがたくさんあるな』と思う。力になるし、逆に支えられています」と女優魂を絶賛。成田も「覚悟をものすごく感じた」と印象を語ると、白石は「すごくうれしい。私もお芝居の仕事が好きですし、これからもたくさん演技をしていきたい。この作品で一皮、剥けることができていたらいいなと思います」と未来を見つめていた。

ネタバレ厳禁の作品となっているが、この日は男性キャスト陣が「私が犯人だ」というプレゼンを実施し、白石が「一番プレゼンを頑張ったと思う人」を選ぶことになった。千葉は「主演が犯人って新しくないですか?」と語りかけたり、「役から降りても、誰よりもこの中で二面性があるのは僕です!」と胸を張るなど、サービス精神旺盛なアピールに会場も大爆笑。「声が大きかった」との理由で白石のハートをつかみ、見事に勝者に選ばれていた。(ザテレビジョン・取材・文=成田おり枝)