2012年7月「土曜ワイド劇場」からスタートし、2016年4月からの「木曜ミステリー」枠で連続ドラマが放送。その後も「season2」「season3」と続き、8作のスペシャルドラマが放送されている「警視庁・捜査一課長」が、2020年4月より毎週木曜夜8時から連続ドラマとしてスタートすることが決定した。

最新シーズンでも、主人公・大岩純一捜査一課長を内藤剛志が演じ、小山田管理官(金田明夫)、運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)などのレギュラーメンバーも健在。そこに新人刑事・妹尾萩(いもお・はぎ)役として三吉彩花が加わり、2020年進化する東京で毎週“ホシを挙げる!”。

■ 捜査一課とは…

物語の舞台は、警視庁の花形部署、捜査一課。400人以上の精鋭刑事を統率する捜査一課長は、ヒラ刑事から這い上がってきたノンキャリアの“叩き上げ”が務める、警察組織内でも特殊なポストだ。

都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決めるなど、極めて重い責務を担っている。

しかし、このドラマの主人公・大岩純一一課長(内藤)は、スーパーマンのように鮮やかに事件を解決していくわけではない。窮地に立たされ苦悩しながらも、信頼する部下たちと共に重責を果たしていく大岩の姿は人間味にあふれており、まさしく“等身大のヒーロー”だ。

そんな大岩を演じる内藤は、「連続ドラマとして毎週、皆さんに作品をお届けできるのは楽しみでしかありません!」と喜びを語った。“旬の俳優”として第一線でパワフルに輝き続ける内藤が、今年も“理想の上司”を熱演する。

また今回、新たに捜査チームに加わる三吉は、映画「ダンスウィズミー」(2019年)、「犬鳴村」(2020年2月7日公開予定)など女優として活動しながら、ファッションモデルとしても活躍。

新宿中央署刑事課の新人刑事・妹尾萩を演じる三吉は帰国子女で、思ったことをはっきりと口にする性格に加え、上司たちにもまったく忖度(そんたく)しない新時代の若手。異文化の中で育ってきた新タイプの刑事・萩が2020年、捜査一課長に新風を巻き起こす。

■ 「警視庁・捜査一課長2020」は変貌を遂げていく東京の“今”を題材に

「警視庁・捜査一課長2020」ではミステリーファンをうならせる展開はもちろん、“視聴者が知って得する東京最新情報”“東京の知られざる新名所”もストーリーに盛り込まれる。

変貌を遂げていく東京の“今”、そしてオリンピック・パラリンピックに向けて盛り上がる時代の空気をも映し出し、その魅力をさらに発信していく。

そして、クライマックスで大岩一課長が発する“捜査員への魂の訓示”や刑事たちが総出で繰り広げる“東京一斉大捜査”など、このシリーズならではの醍醐味(だいごみ)も、多彩なストーリーとともに繰り広げられる。

妻・小春(床嶋佳子)や愛猫・ビビとの日常生活から大岩が事件のヒントを見つけ出していくなど、おなじみの展開も随所に。

2020年、“進化”を遂げていく東京で、大岩一課長をはじめ捜査員が一丸となって、より手ごわさを増す容疑者たちに立ち向かっていく。

■ 皆さんに“希望”をお届けしたいと考えて制作に当たってきた

――2020年春、連続ドラマとして帰ってくる心境は?

一昨年から今年にかけてスペシャルを8本やらせていただいたので“久しぶり”という感覚はありませんが、連続ドラマとして毎週、皆さんに作品をお届けできるのは楽しみでしかありません!

今まで好評だった部分はより面白く、考えなければならない部分はスタッフ、キャスト全力で取り組みながら、毎週、“ホシを挙げます”!

僕はこの2020年、東京を舞台にした「警視庁・捜査一課長」という作品をお届けすることができて本当にラッキーだと思っています。オリンピックイヤーという時代の空気が画面に映るのは、やっぱりいいですよね。

オリンピックは競い合う場ですが、スポーツで一番感動するのは、選手の皆さんが積み重ねてきた“見えない努力”だと思います。刑事という職業もまた、地道な捜査を重ね、その努力がようやく“逮捕”という結果に結びつくのではないかな…。

この春からはじまる最新シーズン「2020」では、夏に向かって盛り上がっていく世の中と一体感を生み出せたらいいですね。

――三吉彩花さん演じる妹尾萩刑事が登場しますが、捜査チームの雰囲気は?

連続ドラマ3作、そしてスペシャル8本を重ねて、レギュラーメンバーの絆はさらに頑丈になってきました。

今回、三吉彩花さん演じる妹尾萩刑事がチームに加わりますが、萩はズバズバと空気を読まずにモノをいうタイプ。でもいろいろな性格、いろいろな年代の刑事が集まるからこそ、事件も解決できるのではないかな。

今の時代、“自分と違う人”をネガティブに批判するのではなく、個性や多様性を認めていくことが大切になっていくと思います。

三吉さん自身、まだ23歳なのに堂々として物おじしないところが素晴らしいですね。僕が同年代の頃はまだワケの分からない役者で(笑)、とても彼女のようには現場で振る舞えなかった!とても芯のある女優さんだと思います。

――視聴者にメッセージをお願いします。

この作品はミステリーではありますが、皆さんに“希望”をお届けしたいと考えて制作に当たってきました。全員で力を合わせること、地道に努力することがいつか栄光につながる、という思いを込めて…。

だからこそ今、皆さんに呼び掛けたいのは、“一緒にオリンピックイヤーを楽しみましょう!”ということ。東京でオリンピック・パラリンピックを見られるのは、もしかしたら一生に一度のことかもしれませんよ。

夏に向けて、このドラマとともにそんな一度きりの時間を皆さんに楽しんでいただけたらうれしいですね。(ザテレビジョン)