歌手の氷川きよしが、デビュー20周年を迎えた2月2日に自身のInstagramを更新。デビュー当時に初めて撮影したというアーティスト写真を公開し、大きな話題を呼んでいる。

デビュー20周年を迎え、第34弾シングル「大丈夫/最上の船頭」がロングヒット中の氷川。

この日、「2000年2月2日今から20年前氷川きよしは誕生しました。初めて撮影したアーティスト写真はトタン壁の前でしたw21歳の時。20年間皆さん愛をありがとうございます!感謝!」というメッセージと共に写真を投稿。

そこには、21歳の氷川のういういしい姿が。明るい髪色でグレーのスーツを身につけ、トタンの壁の前にたたずんでいる。

この投稿を見たファンからは、「デビュー20周年おめでとうございます!」「出会えてよかったです。ありがとう!」「これからも応援し続けます!」といった祝福や感謝のコメントが殺到。

また写真には「初々しくてかわいい!」「美少年すぎる…」「懐かしい写真」など、さまざまな声が寄せられている。

なお、氷川は2月7日(金)から「長良グループ 新春豪華歌の祭典2020」に出演。8月28日(金)から9月27日(日)までは、東京・明治座で座長公演「氷川きよし特別公演」を上演する予定となっている。(ザテレビジョン)