「エランドール賞」新人賞を受賞した俳優の横浜流星が2月6日、都内で行われた受賞式に出席した。当日は、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で共演した深田恭子が祝福ゲストとして登場。“春見先生とゆりゆり”としてドラマ内でファンを熱狂させた2人がこの日、再会。授賞式後には横浜が自身の公式Instagramに深田との2SHOTもアップし、ファンに報告した。

■ 深田恭子「流星くんがまぶしかった」

横浜は2019年1月期のドラマ「初めて恋を―」に髪をピンクに染めた不良高校生・“ゆりゆり”こと由利匡平役で出演。深田演じるアラサー塾講師・春見順子と恋に落ちる姿を丁寧に演じ、“舌ペロ”や“40秒ハグ”、「ご褒美ください」「好きで好きで、嫌いになりそうなくらい好きです」といった名シーン・名ゼリフで一気にファンを拡大した。

その後も大活躍の1年を過ごした横浜。7月期ドラマ「あなたの番です―反撃編―」(日本テレビ系)、10月期ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系)に加え、主演映画「チア男子!!」、「愛唄−約束のナクヒト−」「いなくなれ、群青」などで活躍。なかでも「はじこい」「4分間のマリーゴールド」「チア男子!!」での演技が高く評価され、今回の受賞となった。

ステージ上でトロフィーを受けた横浜を、会場につめかけたファンが大歓声で祝福。横浜は「すごいですね。ちょっと皆さんの熱量というか…そういうものに圧倒されています」とたじろぎつつ、「本当にこのような歴史ある賞をいただけて光栄に思います。皆さんに支えられて、皆さんのおかげでこの賞をとれたと思います。本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。まだまだ未熟者ですが誠心誠意、作品と、役と向き合って皆さんにいい作品を届けていけるように精進したいと思います」とあいさつした。

続いて、「はじこい」で共演した深田その人がサプライズ登場すると、会場のファンからは絶叫のような歓声が上がった。背中が大胆に開いたドレス姿で現れた深田は、横浜に花束を渡してハグ。「流星くん、本当におめでとうございます」と笑顔で祝福した。

そして「作品中も役にストイックに入り込む流星くんを見ていて、本当にまぶしかったです。そのあとも役に入り込み過ぎて大丈夫かなと思っていましたが、立派に活躍されていてうれしいです。また一緒に仕事をしたいですね」と語りかけた。

“春見先生とゆりゆり”を演じた2人が栄えある舞台で見せた約1年ぶりの再会ハグに、ファンから大きな歓声が巻き起こっていた。

受賞後、横浜は自身の公式Instagramで深田との2SHOTを公開。ハッシュタグで「#深田恭子 さん」「#久々の再会」「#とても嬉しかった。」と喜びを綴った。また、映画「愛唄−」で共演し今回ともにエランドール賞新人賞を受賞した清原果耶との記念SHOTもアップ。「#同じタイミングで受賞できて」「#嬉しいし、」「#感慨深いです。」とこちらも喜びの報告をした。

2019年は「東京ドラマアウォード2019」助演男優賞、「第32回 小学館DIMEトレンド大賞」ベストキャラクター賞、『日経トレンディ』が選ぶ「2019年“今年の顔”」、「GQ MEN OF THE YEAR 2019」、「Yahoo!検索大賞」大賞&俳優部門賞と受賞ラッシュだった横浜。年が明けてもその勢いは止まらず、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞、そして今回のエランドール賞新人賞と、栄えある賞を総ナメにしている。

現在は、清野菜名とW主演するドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜夜10:30-11:25ほか、日本テレビ系)に出演中。秋には吉高由里子とのW主演映画「君の瞳(め)が問いかけている」も公開されるほか、主演舞台「巌流島」も控える。大活躍の2019年を経て、2020年の横浜流星に期待が高まる。(ザテレビジョン)