AKB48の元メンバーで、現在は舞台の他、グラビアアイドルとしても活躍中の高橋希来(きら)が、12月20日にファーストDVD「きらきら」(竹書房)を発売。東京・秋葉原でファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

今回が記念すべきファーストイメージDVD。高橋は「ファンの方が『見たよ』『良かったよ』って言ってくださったので良かったなと思ってます」と、はにかみながらあいさつした。

昨年10月頃、バリ島で撮影された本作。「初めてバリ島に行ったんですけど、ナシゴレン、ミーゴレンがおいしかったです(笑)。現地ではハードスケジュールで(笑)、お買い物も30分くらいしかできなかったんですけど、楽しかったです」と、撮影を振り返った。

■ 久しぶりに学生気分

「ストーリーは、日常生活を中心に、セーラー服とかも着て、告白するシーンもあって、学生気分を久しぶりに味わいました」と、全体的な展開を紹介した。

中でも一番見てほしいところに関して「最初の海で楽しく遊んでいるシーンで、一番セクシーにできたシーンは、ストライプの水着のシーンなんですけど、夕日がとてもいい感じで大人っぽくできたかなと思っています。

髪形も、ここだけ唯一巻き髪にしていて、表情とかも、笑顔なしでいこうというシーンなので、大人っぽく頑張ってみました」とアピールした。

そんな1st作品に点数を付けてもらうと「ファーストは…80点です。まだこれからもグラビアを頑張っていきたいなと思っているので…伸びしろです」と、次回作以降への意欲をのぞかせていた。(ザテレビジョン)