2月7日放送の「A-Studio」(TBS系)にプロボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥選手がゲスト出演。リング外での意外な“弱点”について吐露する場面があった。

4月25日(日本時間26日)にWBO世界バンタム級王者のジョンリル・カシメロ選手との対戦を控えている井上選手。

日本人初の3団体統一戦というビッグマッチで、開催地ラスベガスも井上選手にとって初の舞台となる。

大一番に挑む心境を聞かれた井上選手は「僕は楽しみで仕方ないですよ。12ラウンドあるので、後半あくびされてるような試合になったら嫌」と、自信に満ちた顔つきで意気込みを語った。

そんなトークのさなか、MCの笑福亭鶴瓶がイタズラっぽく「ワッ!」と大きな声を上げると、驚いた井上選手は大きく体を動かして「なんすか!?」と絶叫。

続けて「僕、ホントに“ビビり”なんですよ…」と意外な“弱点”を打ち明け、照れ笑いを浮かべながら「(ドッキリ企画なら)誰よりもオーバーリアクション取る自信がある」と断言していた。

放送終了後のSNS上では「リングの上なら怖いものなしなのに普段は“ビビり”って不思議」「驚いた後で少し照れちゃう井上さんがかわいい(笑)」などのコメントが寄せられていた。

「A-Studio」、次回の放送は2月14日(金)。ゲストに千葉雄大が登場する予定。(ザテレビジョン)