1977年結成、1979年にレコードデビューしたフュージョンバンド、CASIOPEA。デビュー以来音楽シーンの最前線で活動し、日本だけでなく海外でも作品を発表しコンサートを重ねてきた彼らは、「スリル、スピード、スーパーテクニック」を掲げ、フュージョンブームを牽引。その後、メンバーチェンジを経た第2期の活動と活動休止を経て、2012年にCASIOPEA 3rdとして復活。その後も積極的な活動を続け、2019年ついにデビュー40周年を迎えた。

年の瀬も押し迫った昨年12月8日、彼らは東京・メルパルクホールでアニバーサリーイヤーを締めくくるスペシャルライブを開催。当日は幅広い世代のファンが集い、会場は寒さを吹き飛ばす熱気に包まれた。

■ 第3期から歴史をさかのぼるセットリストにファン歓喜!

開演時刻が過ぎ、メンバー4人がステージ上に登場すると、リスペクトと感謝を込めた大きな拍手が沸き上がる。

1曲目は、第3期2枚目のアルバム「A・SO・BO」収録のナンバー「CATCH THE WIND」。疾走感あふれるアッパーチューンだ。続く「THE SKY」は、1991年発表のアルバム「FULL COLORS」収録曲。解放感と抒情性を併せ持つサウンドが、聴衆の胸に深く染み入る。3曲目は第1期の代表曲「DONINO LINE」。野呂一生のギターと大高清美のキーボードのプレイを引き立てながらも、鳴瀬喜博のスラップ奏法によるベースと神保彰の変幻自在のドラムスがリズムに絶妙な緩急をつける。第3期から第2期、そして第1期へとさかのぼるセットリストに、彼らが40年間築いてきた歴史の一端が垣間見られる。

最初のMCでスペシャルゲストのBIG HORNS BEEのメンバー5人を呼び込むと、「DO-LOO-DOO?」「SUPER SONIC MOVEMENT」「TOP WIND」と、昭和の終わりから平成にかけて発表されたグルーヴィーなナンバーを立て続けに放つ。ホーンセクションが加わった分厚いサウンドと高度なアンサンブルが、客席をこれでもかと鼓舞していく。沸き上がったオーディエンスの歓声と感性は、冬の冷たい気配とは対照的に完全にヒートアップだ。 

再び4人での演奏に戻った彼らは、「生命宇宙飛来説」をモチーフにした最新アルバム「PANSPERMIA」の中からメンバーそれぞれが作曲した楽曲を披露していく。野呂作曲の「BEYOND THE GALAXY」、大高作曲の「ENCELADUS」、鳴瀬作曲の「THE WARP」、神保作曲の「SPACE LOCOMOTION」、そしてもう1曲、野呂作曲の「STAR SEEDS」。いずれもアルバムコンセプトを汲んだ作品だ。ステージ上にミラーボールが出現し、照明がさながら星空を駆け抜けていく閃光のようにまぶしく光る。演奏と演出が相乗効果を生み、CASIOPEAサウンドが一等星のごとく輝く。彼らの音楽を通じた宇宙旅行に出ているような、スリリングで高揚した感覚が味わえた。

■ 名曲「ASAYAKE」で、会場のボルテージは最高潮! 

ライブ後半でコンサートの定番ともなっている各メンバーのソロコーナーが展開された後、ステージはクライマックスへ。1990年リリースのアルバム「The Party」収録曲「TOKIMEKI」を演奏した後、再びBIG HORNS BEEをステージに招く。野呂の「あえて曲名は言いません」というMCから、1985年の大ヒットアルバム表題曲「HALLE」が演奏される。日本のフュージョン史に残る名曲に、場内は大歓声だ。

そして、最後はやはり、彼らの音楽を広く世界に知らしめた名曲「ASAYAKE」だ。90年代から80年代そして70年代の代表曲と続いた3曲で、会場のボルテージは最高潮となった。最高のフィナーレにオーディエンスは総立ちとなり、彼らの音楽の余韻に酔いしれながらステージに熱いエールを贈っていた。

昭和から平成、そして令和へと時代が変遷しても、彼らの音楽の瑞々しさは変わらない。むしろその輝きを増している。これぞ時空を超えたCASIOPEAの音楽の魔法だ。

この夜のステージは、彼らの40年の歴史をひもといていく内容であったが、すなわち彼らの音楽の進化と創造の歴史を、ぜいたくなまでに満喫できるものであった。

■ 圧巻の40周年スペシャルライブを2.11放送!

WOWOWでは、2月11日(火・祝)夜8:00より、この夜のステージの模様を独占オンエア。リーダー・野呂一生のインタビューも交えて放送する。

日本が世界に誇るフュージョンバンド、CASIOPEA 3rdが、2019年にアルバムとステージで魅せた圧倒的な音楽性は、新たな伝説の幕開けを確実に感じさせてくれた。未来へのさらなる第一歩を踏み出したCASIOPEA 3rdのスペシャルライブを、番組でぜひ体感してほしい。

また、2月8日(土) 朝9:00からは「CASIOPEA 3rd & INSPIRITS 〜Both Anniversary Live〜」をアンコール放送。CASIOPEA結成40周年、ISSEI NORO INSPIRITS結成10周年のダブルアニバーサリーを迎えた2017年、これを祝して東京・EX THEATER ROPPONGIで開催された一夜限りのジョイントライブの模様をおくる。

※大高清美の「高」は“はしごだか”が正式表記(ザテレビジョン)