ジャニーズWESTの桐山照史が、2月7日東京・Bunkamuraシアターコクーンで行われた、「泣くロミオと怒るジュリエット」のプレスコールと囲み取材に登場。柄本時生、八嶋智人、段田安則そして、作・演出を手がける鄭義信と共に見どころを語った。

シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」の舞台を、関西の戦後の港町に移し、セリフは全編関西弁、男性キャストのみで送る本作。桐山がロミオ、柄本がジュリエットに扮(ふん)して繰り広げる、笑って泣けるラブストーリーだ。

これまでにない、名作の大胆翻案に桐山は「ロミオとジュリエットってこういう描き方もできるんだと驚きでした。この役は、格好いい人とかわいい人が演じるイメージだったので、お話を聞いたとき『僕と時生が!?』と思いました(笑)」とコメント。

柄本は、父・明、兄・佑と共演経験のある桐山が、柄本家で“うわさの人物”だったという。「どんなうわさ?良いうわさと悪いうわさ一つずつ教えて」とニヤリとする八嶋に、「良いうわさだけ!」と慌てる桐山。柄本はすかさず、「良いうわさしかないです。『桐山はいいぞ〜』『桐山くん役者だね〜』と言っていたので、共演を楽しみにしていました」と話した。

劇中で、恋する桐山と柄本は見つめ合ったり、バックハグ、シーツの中で…などドキドキのシーンも描かれるが、八嶋がある疑惑を告白。桐山が柄本の肩を持ち、じっと目を見る場面で暗転すると、肩を“ぽんぽん”とするという。どうやら無意識の桐山に対して、「あれは口説きにいってる!今までモテてきた男のやり口だね」と分析し、笑いを誘った。

鄭はそんな桐山と柄本が作り上げる“ロミジュリ”について、「桐山くんは男っぽいところがぴったり。時生くんは見てるとだんだんかわいいな〜って。最後は時生くんで泣けます。二人ともすてきでベストカップル!」と絶賛。続けて、「男ばかりだからこそのパワーがある作品。二人の愛情交換が切なかったりして、面白いと思います」と語った。

桐山は「今日の朝も、鄭さんに『千秋楽までダメ出しは続きます』と言っていただいたので、一つ一つ真剣に受け取りながらやりたいです。世界一不器用なロミオとジュリエットをぜひ見てください」と力強くアピールした。(ザテレビジョン)