舞台「泣くロミオと怒るジュリエット」のプレスコールと囲み取材が、2月7日東京・Bunkamuraシアターコクーンで行われ、ジャニーズWESTの桐山照史、柄本時生、八嶋智人、段田安則、演出家の鄭義信が登場した。

本作はシェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」を題材に、キャストは全員男性、セリフは全編関西弁で展開。戦後の関西の港町で繰り広げられる、“ロミオ”桐山と“ジュリエット”柄本による、笑って泣けるラブストーリーだ。

ヒロインを演じる柄本は、「二度聞きしました。いただいたお仕事は断らないと決めていますが、初めて『考えてみたい』って言いました」と、オファーを受けたときの心境を明かした。

桐山は柄本のジュリエット役について、「僕も最初は、大丈夫かな?女性として見れるかな?と思っていましたが、稽古しているうちに、かわいいなって。時生がやるジュリエットの癖が分かってきたりして、いとおしくなっています」と熱い視線を送った。

八嶋は、「桐山くんは、休憩中でも“女性”として時生くんと接しています。ぱっと手を差し伸べたり、ふらついていたら抱き寄せたり」と裏話を披露した。

そんな八嶋も柄本と同じく女性役。ジュリエットの義姉・ソフィアを演じる。ばっちりメークにスカートを着こなし、「本当に我々かわいい女だよね〜」と自信満々。しかし、桐山は「八嶋さんは、実家帰って母ちゃんと喋ってるみたい」とばっさり。

八嶋は見どころとして、ジュリエットの“かわいさ”を、声を大にしてアピール。「最初、なんだこのジュリエットって思っていても、切なくてかわいくて、最後には皆さん絶対泣いてますよ」と言い、「僕は時生くんと一緒のシーンが多いんですけど、本当にかわいいんです!」と念押し。

柄本が苦笑いしている中、「だっていっぱい言っておかないと、絵面だけだと『どんな舞台やってるんだ!』ってなるでしょ(笑)。言っておきますよ!」と語気を強めた。(ザテレビジョン)