グラビアアイドル・大間乃トーコが、ファーストDVD「大間乃トーコ DE・BUT」(リバプール)発売記念イベントに出席。囲み取材に応じた大間乃が、作品の見どころの他、今後の目標などを語った。

静岡および都内などで撮影された本作。オススメのシーンについて大間乃は「自分がお化粧をするシーンがありまして、そのシーンは自分的には大人っぽく映っているんじゃないかなと思います。

青い服を着ているシーンですね。この時にリップを塗るシーンがあって、そこが自分的には覚えているシーンですね」と紹介した。

■ 最初で最後に?

今回が記念すべきファーストDVD、今後のグラビア活動についての質問も寄せられた。

大間乃は「DVDは恥ずかしいなと思っちゃうので…DVDは…最初で最後に…でもお話をいただいたら一生懸命やります(笑)。

どちらかというと、DVDよりも写真とか紙媒体でやっていけたらなと思います(笑)。DVDは毎回が“最後のつもり”で一生懸命取り組んでいこうと思います」と自らフォローを入れた。

ちなみに今作に点数を付けてもらうと「100点満点で採点するとしら…58点くらいですかね(笑)。ちゃんとDVDを撮るということに対しての準備…心の準備もそうですし、『やるぞ!』っていう気持ちをちゃんと持っていれば…」と反省の表情を浮かべた。

■ 例のニット

スカウトされて芸能界入りしたという大間乃。今後の目標について「少年誌とかの表紙とか、1〜2回やらせていただいたことはあるんですけど、もっとできるように頑張っていきたいです。あと、最近YouTubeも始めたので、そちらにも力を入れていきたいなと思います。

YouTubeは、顔を出さないで胸だけを強調して…胸から下だけのYouTubeなんですけど(笑)。飲み物や料理を作ったりしてます」と“見どころ”を解説した。

最後に、この日の衣装について「ポイントは“DTをころすニット”ということで、着てきたんですけど、どうですかね(笑)。ここ(胸元)が開いているのがポイントです」と、アピールしていた。(ザテレビジョン)