WEBサイト ザテレビジョンでは、2月9日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

■ 1位「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)21904pt

2月9日に第四回「尾張潜入指令」が放送された。今川との戦いで尾張の信秀(高橋克典)は瀕死の重傷を負う。その知らせを受けた道三(本木雅弘)は、妻の治療を終えて今度は尾張へ向かうという東庵(堺正章)に、天敵・信秀の様態を秘密裏に探るように命じた。

東庵の目付け役に任命された光秀は、菊丸(岡村隆史)を引き連れ、百姓に身をやつして尾張の古渡城へ潜入。東庵から信秀の情報を聞き出すことに成功する。

古渡城では、のちの徳川家康である竹千代(岩田琉聖)と出会った光秀。人質であった竹千代は城を抜け出そうとしていたが、光秀はなぐさめに干し柿を与えながら「今はつらくとも、日がかわり、月がかわれば、人の心も変わります」「無理をせず待つことです」と告げた。

その後、道三に城に呼び出された光秀は、寺の住職から鉄砲にまつわる話を聞く。それは本能寺が種子島にある末寺を通じて密かに鉄砲を作らせているというものだった。

光秀の未来につながる“本能寺”という言葉が早々に出たことに視聴者は注目。そのほか、のちの家康の登場など、今後に関わる展開がちりばめられており、「伏線いっぱいの、面白い回でした」といった感想が寄せられた。

■ 2位「テセウスの船」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)14706pt

第2章のスタートとなった2月9日放送の第4話。再び現代にタイムスリップした心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。

また、最愛の妻だった由紀(上野樹里)も、文吾が犯人とされた音臼小事件について調べる週刊誌の記者となっていた。

拘置所の文吾と再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉・鈴を訪ねる。村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えていた姉。その内縁の夫・みきお(安藤政信)が音臼小事件の被害者であることを知り、心は愕然とするのだった。

自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまった心は葛藤するが、文吾の冤罪を晴らすために動く。由紀から音臼小事件の被害者の集いがあると聞いた心は、文吾の無実の証言を得ようと会場へ。

だが、会場に来ないはずだったみきおの母・さつき(麻生祐未)がいるのを知り、心は姉のために諦めようとする。すると、由紀が会場に乗り込み、「佐野文吾氏は本当に犯人なのでしょうか」と呼びかける。由紀は罵声を浴び、水をかけられても情報提供をお願いする。

同じ人物ではあるが、歴史が変わる前と後で違う状況である由紀を演じた上野。視聴者からは「圧巻だった」「同じ人間なのに辿る道によって違う感じのでも同じ感性の役を演じれるのは上野樹里しかいない」など、称賛が寄せられた。

■ 3位「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)3504pt

2月9日に第5話を放送。7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口(谷田部俊)が護送中に連れ去られた。ドライブレコーダーや現場に居合わせた人が撮影した映像から、マスコミはミスパンダが浜口を連れ去った可能性が高いと報道。警察はミスパンダを追う。

ミスパンダは飼育員さんとともに、浜口が“クロ”か“シロ”か決める国民投票を実施するという動画を配信するが、実はそのミスパンダと飼育員は偽物だった。直輝(横浜流星)は、偽のミスパンダが浜口を誘拐した手口が、あずさ(白石聖)がコアラ男に誘拐された8年前の事件に似ていると指摘する。

本物の飼育員さんである直輝は、配信された動画を手掛かりに現場を突き止め、ミスパンダにふんしたレン(清野菜名)と向かう。本物VS偽物の戦いになるが、ミスパンダはそこでナイフで刺されて死んでいる浜口を発見。偽物のミスパンダたちは、浜口殺しの罪をなすりつけるのが目的だった。

警察との激しい攻防の末、逃げるのがやっとだった直輝とミスパンダ。そしてラストでは、レンの担当だった精神科医・門田(山崎樹範)が惨殺されている様子が映し出された。

SNSでは、門田が“コアラ男”という考察でも盛り上がっていたが、本話での展開に衝撃が広まった。

WEBサイト ザテレビジョンの「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)