19世紀を代表する⼥性作家、ルイーザ・メイ・オルコットの世界的ベストセラー⼩説「若草物語」を『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグ監督が繊細にそしてみずみずしく描き、本年度アカデミー賞で6部門のノミネートされた『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』。

本作が3月27日(金)から全国公開されることに先駆けて、主人公ジョー役のシアーシャ・ローナンとローレンス家の一人息子・ローリーを演じるティモシー・シャラメから、バレンタインを祝うメッセージ動画が公開された。

動画では、本編映像から、ジョーとローリーの2人きりのダンスシーンが公開されており、最高にロマンチックな場面に仕上がっている。

主人公ジョー役のシアーシャ・ローナンは、本作で2年ぶり3回目のアカデミー賞<主演女優賞>ノミネートを果たした。ローリー役には『君の名前で僕を呼んで』で世界中から注目と賞賛を集め、今もっとも注目されるイケメン実力派俳優ティモシー・シャラメ。さらに長女のメグ役は『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、三女のベス役はHBOの『シャープ・オブジェクツ』のエリザ・スカンレン、そして末っ子エイミー役には本作で初めてのアカデミー賞<助演女優賞>ノミネーションともなる期待の新星フローレンス・ピューが演じる。さらにローラ・ダーンがマーチ家の母親を好演し、名女優のメリル・ストリープが四姉妹のマーチ叔母役で華を添える。

時代を超えて愛されるジョーの物語が、まるで現代に生きる女性たちを新しい世界へといざなうように、あざやかに描き上げられた本作。公開が今から待ちきれない。(ザテレビジョン)