2月20日(木)からスタートするAbemaTV最新オリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」に、伊織役で出演する結木滉星。

「僕だけが17歳の世界で」は、佐野勇斗と飯豊まりえがW主演を務めるファンタジー・ラブロマンス。幼なじみの航太(佐野)と芽衣(飯豊)は、高校2年生。徐々にお互いを意識するようになり、“好き”という気持ちに気づくも、航太が突然、この世を去ってしまう。

そして航太の死から7年後、芽衣が久しぶりに故郷の地に戻ったことから、彼らの物語が再び動き出す…。

「もしも奇跡が起こるなら、もう一度会いたい。今度こそ、君に想いを伝えたい」。そんな強い想いが通じたのか、それから7年後の2020年。真冬に咲いた季節外れの桜の木の下で、24歳になった芽衣は死んだはずの航太と再会する。

結木が演じる伊織は、航太の親友で頭も容姿もよく、周囲の憧れの存在だが、航太と芽衣のどちらにも複雑な思いを抱える役どころ。結木に伊織役への思いと青春シーンへの憧れ、大切な友人への率直な気持ちなどを聞いた。

■ 伊織は「不器用だけど、すごく人間らしい」

――演じる伊織はどんな人物ですか?

「一言で表すと『クール』です。周りから見れば航太より伊織の方がモテるし何でもできるように見えるんですけど、彼の中にはずっと“航太には勝てない”という思いがあって。あと誰よりも責任感が強いからこそ、ある出来事がきっかけでみんなに心を閉ざしちゃうんです。自分なりに一人になることを決意して、高校時代の友達には誰にも会わないようにして。不器用ですけど、そんな伊織がすごく人間らしくて素敵だなとも思いました」

――芽衣にひそかな恋心を抱いている人物でもありますね。

「違う人を好きな芽衣を一方通行のままでずっと見ているのは苦しいですけど、あまり作りすぎずにお芝居していきたいです。そうすることでより甘酸っぱい思いで見てもらえたらいいなって。実は僕、こういう青春ものの恋愛ドラマに出演するのは初めてなんです。元から恋愛作品を見るのがすごく好きでずっとやりたかったので、出られると聞いたときは本当にうれしかった…! 伊織はこの作品のキーパーソンにもなる人間なので、しっかりと大切に演じていきたいです」

■ 恋愛ドラマ・映画が大好き!

――どんな恋愛作品を見ていたんですか?

「映画やドラマに限らず、恋愛ジャンルに分けられる作品は多分ほぼ全て見ていると思います。しかも一人で見るのが好きで(笑)。特に繰り返し見ているのは、ドラマ『プロポーズ大作戦』(2007年、フジテレビ系)。もう登場人物のセリフも言えるんじゃないかな? ってくらいに見てます。大好きな幼なじみに告白するために頑張るっていう設定が好きなんですよ。そういう意味ではこのドラマにも少し似ているところがありますよね。台本を読んだとき“僕のすごい好きなテイストだ…!“って、すごく喜んじゃいました」

――今作では17歳と24歳、両方の時代の伊織を演じます。その差も見どころの一つになるのでは?

「そうですね。特に伊織は一番別人のようになってしまうキャラクターなので、そこはギャップとしてうまく表現できたらいいなと思いますが、今25歳なので『17歳の役って大丈夫?』と少し心配…。でも亮平役の渡辺佑太朗くんも25歳なので、みんなで一緒に制服を着れば怖くないかなと(笑)。24歳の方も医大生で初めての白衣なので、そこもいろんな映像などを見ながら勉強中です」

――24歳の伊織は、序盤は芽衣たちと別行動。少し寂しいですね。

「そうなんですよ! 伊織はずっと一人で葛藤しているので、芽衣たちがみんなで鍋パーティーや焼き芋パーティーをしているのを台本で読んだときは『なんで俺そこにいないの!? いいなぁ!』ってなりました(笑)。一緒にやりたかった…。恋愛ドラマで青春って言ったらもう、みんなでのパーティーじゃないですか! せっかくできると思ったのに!(笑) でも僕は男子校出身だったので共学、しかも恋をしている設定の役ができるのは良かったです。そういうシチュエーションに憧れていたので、それがまさか25歳になってから叶うとは思いませんでした」

■ 「共学に行ってみたい!」

――もし本当に高校生に戻れるとしたら、戻りたいですか?

「今の気持ちと経験を全部持った上で高校生になれるのなら、戻りたいです。そして今度は共学にも入ってみたいです(笑)。公園でキスするシチュエーションとかにすごく憧れていたんですもん!(笑)」

――今作では“変わらない友情”もキーに。結木さんにもそういう存在はいますか?

「います。高校生時代からの友達もいますし、この世界に入って仲良くなった子も多いですし。俳優の友達とはライバルでもありますけど、お互いに仕事が決まったら素直に喜び合える仲なので。この関係性をずっと大切にして一生、深い関係性でいたいです」

――特に仲がいいのは、どなたですか?

「小坂涼太郎と杉本海凪とは、すごく仲がいいですね。ことしの年末年始もその3人で過ごしました。海凪が料理上手なので、彼の料理を食べながらテレビを見て年を越して、そのあとみんなでスーパー銭湯にも行って。…こうお話していると、していることは学生とあんまり変わらない(笑)。本当にくだらない話しかしていないし。でもやっぱり、そういう時間が何よりも楽しいものなんですよね」(ザテレビジョン・取材・文=林福子)