上白石萌音が主演を務めるドラマ「恋はつづくよどこまでも」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の撮影現場を、原作者・円城寺マキが激励に訪問した。

本作は、小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺による同名漫画が原作で、女性を中心に圧倒的な支持を得ている大人気の“胸キュンラブストーリー”だ。

円城寺は、上白石演じる佐倉七瀬、天堂浬(佐藤健)、来生晃一(毎熊克哉)らが働く日浦総合病院・循環器内科のナースステーションでの撮影シーンを見学。

その後、撮影を終えた上白石、佐藤、毎熊と対面し、「恋つづ」について談笑した。

円城寺が上白石に「七瀬のイメージにぴったり」と伝え、上白石は円城寺が差し入れた、原作の七瀬と天堂のイラストが描かれたどら焼きの写真を撮るなど、2人は相思相愛ムード。

円城寺は最後に出演者たちとの記念撮影に応じ、キャスト・スタッフを労った。

なお、「恋つづ」はいまSNSなどで盛り上がりを見せており、公式Twitterのフォロワー数は20万人を突破。

毎週放送当日には「#恋つづ」「#天堂担」などがトレンド入りし、話題になっている。さらに、第5話の放送後には、劇中で落ち込む七瀬に天堂が逆バレンタインとして贈った“チョココロネ”がトレンド入り。

“ドS”な天堂がふいに見せたツンデレな一幕には「不器用な優しさがいい!」「天堂先生の照れ隠し最高」などの感想が呟かれ、今後の七瀬と天堂の関係が気になる視聴者が溢れた。

■ 原作者・円城寺マキコメント

ご厚意により、撮影現場にお邪魔してきました。外はかなり寒かったのですが、現場は主演の上白石さんがお持ちの雰囲気そのままにほんわかと温かいところでした(…しかし、ぎっしり詰まった撮影スケジュール、もしかしたら私から見えない裏の部分ではキリキリと胃の痛むような事態もあったのかもしれません…)。

ドラマの方は、早くもそろそろ折り返し地点を迎えますね。「三次元でお送りする少女漫画」です。最終回まで存分にテレビの前できゅんきゅんして転げ回りながら(?)観てくだされば幸いと存じます。

…え? ご家族やご友人からの白眼視が痛い? ですって? そんな、あとたった数週間のことじゃないですか。人の目なんか気にするなよ(ドS)。

■ 第6話あらすじ

循環器内科のナースステーションで、七瀬(上白石)の予定を空けてほしいと頼んだ天堂(佐藤)は、理由を尋ねられ、「一緒にメシ食います」「俺の彼女だから」と七瀬との交際を公言。

その言葉に七瀬や来生(毎熊)、同僚たちも驚き、歓喜に沸く。しかしそこへ、天堂の亡くなった恋人・若林みのり(蓮佛美沙子)にうり二つの、若林みおり(蓮佛・二役)が突然現れ、天堂と来生は、みのりにそっくりな彼女に言葉を失う。

そんな中、天堂が七瀬と合わせた休暇の日に、急遽天堂へ大阪でのセミナーへの講演依頼が入ってしまう。

さらに、そのセミナーにみおりも参加すると聞き、2人の動向が気になる七瀬は大阪へついていくことを思いつく。

一方、循環器内科では、酒井結華(吉川愛)が患者・和田(田村たがめ)の対応に追われていた。元看護師である和田に厳しい自分の母を重ね、苦手意識を感じる結華だが、突然、和田の容態が急変し…。(ザテレビジョン)