お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の大ベストセラー「火花」に続く第二作目である小説「劇場」が、山崎賢人主演、松岡茉優共演、行定勲監督にて実写映画化。4月17日(金)より公開される。その予告映像が解禁となった。

原作は又吉が、芥川賞受賞作品となった「火花」より前に書き始めていた、作家の原点とも言える恋愛小説「劇場」。“恋愛がわからないからこそ、書きたかった”と又吉が語る2作目は、劇作家を目指す主人公・永田と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希の、生涯忘れることができない恋を描いた恋愛小説だ。

監督を務めるのは、「世界の中心で、愛をさけぶ」「ナラタージュ」など、時代ごとに新たな恋愛映画のマスターピースを贈り続けてきた行定勲監督。

演劇に身も心も捧げながら、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田を、撮影前に何度も監督とエチュードを重ねて役を作り上げたという山崎は、これまでに見たことのない表情で挑んでいる。

ヒロインを務めるのは、「万引き家族」で世界に認められた松岡茉優。葛藤や迷いを抱えながらも、純粋に彼を愛そうとする健気な沙希を、儚くも愛しく演じている。

さらに「下忍 赤い影」で主演を務めた寛一郎、「全裸監督」「映像研には手を出すな!」など話題作への出演が続く伊藤沙莉、「あなたの番です」での刑事役で話題となった浅香航大、昨年紅白出場も果たした人気バンド「King Gnu」のボーカル井口理ら、多才な顔ぶれが集結している。

■ 豪華キャスト陣が総出演

その「劇場」の本予告映像が初解禁された。演劇の世界で夢を追う主人公の永田(山崎)と、彼の夢を信じ一途に支え続ける沙希(松岡)の仲睦まじい様子が描かれる一方で、理想と現実とのはざまで悩み、「夢を叶えることが、君を幸せにすることだと思ってた。」という気持ちとは裏腹に、次第にすれ違っていく二人。

「一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことがなんでできなかったんだろうね。」という永田の想い、さらに「ごめんね」と涙ながらにつぶやく沙希の表情、そして朝方の桜並木の中を、自転車で二人乗りしなが走っていく二人の姿からは、生涯忘れることができない恋の行く末が予感される映像となっている。

また、映像には同じ劇団員である野原(寛)や、永田と仲たがいしながらも彼を心配し見守る青山(伊藤)、永田と同い年ながら演劇界のホープとして謳われる演劇人・小峰(井口)ら豪華キャスト陣も総出演している。

■ 演劇への夢と現実。永田と沙希、二人の恋

演劇を通して世界に立ち向かう永田と、彼を支えたいと願う沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った。

中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山崎)。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放してしまう。解散状態の劇団という現実と、演劇に対する理想。そのはざまで悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。

そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。お金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、ふたりは一緒に住み始める。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していくが…。

※記事内、山崎の「崎」は正しくは「立さき」(ザテレビジョン)