賀来賢人が主演を務めるMBS/TBSドラマイズム「死にたい夜にかぎって」(毎週火曜夜1:28-1:58、TBSほか ※MBSでは毎週日曜夜0:50-1:20)の第1話が、MBSで2月23日(日)に、TBSでは2月25日(火)に放送となる。

本作は、WEBサイト「日刊SPA!」の人気連載エッセイから「恋愛エピソード」を中心に再構築した爪切男原作の小説「死にたい夜にかぎって」を実写ドラマ化。原作者・爪切男本人の実体験のエピソードをもとに、魅力的だが過激な女性たちに翻弄される主人公の姿がユーモラスに描かれている。

賀来が演じる主人公の小野浩史は、幼くして母に捨てられた青年。高校時代にクラスメイトに「笑った顔が虫の裏側みたい」と言われてから、うまく笑えなくなった彼は女性にトラウマを抱えることに。やがて、大人になった浩史はチャットルームで出会った女性・アスカ(山本舞香)にひかれていくが、彼女は変態に唾を売って生計を立てていた。

そんなアスカをはじめとし、ひとクセある女性たちに振り回されながら、少しずつ笑顔を取り戻していく浩史の姿を、アスカと過ごした6年間を中心に描いていく。

ほか、戸塚純貴、今井隆文、青木柚、櫻井健人、玉城ティナ、小西桜子、堀田真由、中村里帆、安達祐実、光石研らキャストが名を連ねる。

監督はドラマ「アンナチュラル」(2018年、TBS系)などを演出した村尾嘉昭。脚本は「俺のスカート、どこ行った?」(2019年、日本テレビ系)などを担当した加藤拓也。

■ 「死にたい夜にかぎって」第1話あらすじ

1995年−高校生の浩史(青木柚)は、ある日、学校で1番かわいい女の子・山村さん(玉城ティナ)から、こっそり屋上に呼び出された。もしかしたら…という期待を抱きながら緊張の面持ちで向かうと、そこには彼女が一人で待ち構えていた。

浩史を見るやいなや、彼女は「君の顔のダニを殺してあげるね」と衝撃の一言を発する。そして、この日を境に、山村さんと浩史の奇妙な日課が始まった。

そして2005年。大人になった浩史(賀来)は、深夜に音楽系のチャットルームに入室するのが日々の楽しみとなっていた。目的は、アスカ(山本)とのネット上での会話。

アスカとは自然と波長が合い、彼女がオススメする曲は全てダウンロードするほど影響を受けるようになっていた。話の流れから、直接会うことになった2人。このアスカとの出会いが、浩史の運命を大きく左右することとなる──。

公式HPなどで見ることができる予告動画には、賀来演じる浩史がアスカ(山本)に頬を押さえられキスされるシーンが公開されている。放送前にもかかわらず、早くもSNSなどでは「きゅんきゅんきゅん!」「かっくんかわいい〜」「舞香ちゃんの笑顔がすてきすぎ!」「見ます!楽しみ!!」などと反響を呼んでいる。(ザテレビジョン)