山田孝之が主演を務める映画「ステップ」が4月3日(金)に公開。SNSで「予告だけで泣ける」「山田孝之さんのパパ姿がとても楽しみ」と期待の声が続出する中、今回は“柔軟剤CM風”特別映像が公開された。

「ステップ」は、妻に先立たれてから1年、再出発を決意した主人公・健一と一人娘の美紀、そして2人を取り巻く人々の成長の物語。仕事と育児の両立に悩みながらも、ゆっくりと成長していく健一が、仏壇や遺影に語りかけることで亡き妻と通じ、共に生きていく姿が描かれている。

3月5日には、完成記念トークショーを開催。その場で、これまで個性的な役柄を数多く演じてきた山田が「今回は演じていません。ついに“素”の山田を出しました」と発言したことでも話題に。

さらに、20代のころはエキセントリックなことにも多数チャレンジしてきたが「そろそろキャラの限界を感じてきたので…」と、今後は柔軟剤のCM出演を望んでいることを告白した。

そんな山田の願望が今回、実現することに。制作された柔軟剤CM風の特別映像では、完成記念トークショーでの山田の発言シーンを中心に、「私の方が柔軟剤のCM向き!」と笑顔を見せる広末涼子、「隣のおじさんは要りませんか?」とちゃめっ気たっぷりに語る國村隼ら、共演者たちのノリノリのコメントを収録。

その後、登壇中の発言を受けて公式で“本当に制作された”CM風映像を展開している。

映画本編に登場する、健一が洗濯物を干すシーンや、広末演じる健一の同僚・奈々恵が会議で発言するシーンに重ねて、「がんばるパパ、がんばるママ、そんなみんなを応援したい。やさしく香る『ステップ』」というナレーション。

爽やかな健一たちの姿と相まって、まるで本当の柔軟剤のCMのような仕上がりに。映像の最後には、山田と広末がカメラに向かって「(CMのオファーを)お待ちしております」とアピールするという、思わず笑える特別映像が完成した。

■ 映画「ステップ」ストーリー

健一はカレンダーに“再出発”と書き込んだ。始まったのは、2歳半になる娘・美紀の子育てと仕事の両立の生活だ。

結婚3年目、30歳という若さで突然妻を亡くした健一は、トップセールスマンのプライドも捨て、時短勤務が許される部署へ異動。何もかも予定外の、うまくいかないことだらけの毎日が始まった。

そんな姿を見て、義理の父母が娘を引き取ろうかと提案してくれたが、男手一つで育てることを決める。妻と夢見た幸せな家庭を、きっと天国から見ていてくれる妻と一緒に作っていきたいと心に誓い、前に進み始めるのだ。

美紀の保育園から小学校卒業までの10年間。さまざまな壁にぶつかりながらも、前を向いてゆっくりと家族への階段を上る。泣いて笑って、少しずつ前へ。(ザテレビジョン)