声優の木村昴が、3月26日(木)放送の「徹子の部屋」(毎週月〜金曜昼0:00-0:30、テレビ朝日系)に初出演。幼少期のエピソードなどを語る。

アニメ「ドラえもん」(毎週土曜昼5:00‐5:30、テレビ朝日系)でジャイアンの声を14歳から15年間担当している木村は、ドイツ生まれ、父はドイツ人オペラ歌手、母は日本人声楽家という音楽一家で育った異色の経歴の持ち主。

ジャイアンの声で自己紹介をしたり、「ヒプノシスマイク」でもおなじみの特技のラップで「徹子の部屋」に来た感想を披露したり、のっけから番組を盛り上げ、黒柳徹子は感激しきり。

木村は7歳で日本に移住し、父と訪れた焼き鳥店では日本語が読めず、カルチャーショックを受けたという。

女手一つで育ててくれた母はいつも一番の味方でいてくれ、声優になるときも後押しをしてくれたのだとか。母への何よりの親孝行は仕事での活躍を見せることだと言い、どんな時も支えてくれた母へ感謝の気持ちを伝える。

ほか、3月27日(金)の「徹子の部屋」は、坪井直樹アナウンサー&新井恵理那が登場する。(ザテレビジョン)