札幌テレビ(STV)で毎週日曜昼4:55〜に放送されている「1×8いこうよ!」。4月5日(日)は「北のハイグレード食品」編の第2弾を送る。

同番組は、北海道を笑いで元気にしようと、大泉洋&木村洋二(STVアナウンサー)の「YOYO’S」が身分不相応で壮大なテーマを掲げ、荒唐無稽なトークを繰り広げながら、そこそこ本当に理想を実現させていく体当たり的、バラエティー番組。

今回は、食料自給率200%超えの「食材王国」北海道の「食」の最前線を探る好評企画の最新作。人気レストランのシェフやカリスマバイヤーなど食のプロたちの審査で毎年10〜20品ほど厳選される加工食品の実力に迫る。

まずは千歳・恵庭エリアの「北のハイグレード食品」の製造現場を巡る。最初にやって来たのは、千歳市にある肉の卸業者。ここでは2017年に認定された北海道産サフォークラムセットを紹介する。

徹底管理された加工場でこだわりの製法を見学し、千歳市内のジンギスカン店で極上ラム肉セットをいただく。北海道内でもほとんど流通しないという貴重な道産サフォークラムの味とは?(ザテレビジョン)