2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。主人公・古山裕一の青年期がスタートした第3週について、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が振り返る。(以下、第3週までのネタバレが含まれます)

■ 第3週で青年・裕一=窪田正孝が本格登場

第1週は主人公・古山裕一(窪田正孝)の幼少期(石田星空)、第2週は、裕一の未来の妻・関内音(二階堂ふみ)の幼少期(清水香帆)を描いた“朝ドラ”「エール」。第3週ではいよいよ窪田正孝の本格登場となった。

大正15年、裕一は商業学校に進んだものの、音楽に夢中で4年生を2年やっていた。楽しみは福島ハーモニカ倶楽部の活動。定期演奏会でオリジナル曲を演奏することになって張り切る裕一だったが、父・三郎(唐沢寿明)があやしい業者に騙され、借金のかたに川俣の権藤家に養子に出されてしまう。

涙の演奏会の後、川俣編になると、俄然、コミカルに。川俣銀行の行員たち、落合吾郎(相島一之)、菊池昌子(堀内敬子)、鈴木廉平(松尾諭)、松坂寛太(望月歩)がクセの強いキャラぞろいでシチュエーションコメディのようだった。

“朝ドラ”好きの高瀬耕造アナは「おはよう日本」で「スカーレット」でも主人公が大阪に引っ越すと雰囲気が変わった。こういうのは朝ドラのテッパンと語っていた。いまや、朝ドラ制作スタッフ以外で“朝ドラ”に最も詳しいのは高瀬アナではないだろうか。「あさイチ」の華丸や、「朝ドラおじさん」となった日村勇紀よりもよく見ているんじゃないかと思う。

そう、主人公が故郷をいったん離れると雰囲気が変わるのが“朝ドラ”。だが、引っ越さなくても、変わるのである。それが第3週。

■ 直近10作を振り返ると…

「まれ」から10作、毎日朝ドラレビューを書き続けている私がこれまでのアーカイブを振り返ってみると、1、2週は導入部でちょっと様子見、3週から本格始動、ドラマのカラーがはっきりしてくる大事な部分になっているのである。

2019年度後期「スカーレット」:主人公・喜美子(戸田恵梨香)が大阪に出稼ぎに出たのが第3週。喜美子がはじめて家庭以外の社会を知る。

2019年度前期「なつぞら」:主人公・なつ(広瀬すず)が成長して、馬に乗って颯爽と登場、牛の難産を救うという大活躍をする。

2018年度後期「まんぷく」:主人公・福子(安藤サクラ)の未来の夫・萬平(長谷川博己)が警察に捕まるという、いきなりダークな展開に。萬平はドラマ中、合計3度も逮捕される、その先駆けとなった。

2018年度前期「半分、青い。」:主人公・鈴愛(永野芽郁)と幼馴染の律(佐藤健)が高校生に成長。幼少期の「小さな恋のメロディ」のようなリリカルな雰囲気から、鈴愛の活発さが目立つように。

2017年度後期「わろてんか」:主人公・てん(葵わかな)と未来の夫・藤吉(松坂桃李)が8年めの再会。

2017年度前期「ひよっこ」:奥茨城で独自の聖火リレーが行われ、主人公・みね子(有村架純)がアンカーをつとめる。これが地元での彼女の一大イベントで、4週から東京に出稼ぎに。舞台転換が一週ズレている。

2016年度後期「べっぴんさん」:主人公・すみれ(芳根京子)が神戸の豪奢な邸宅から戦争で近江に疎開。すぐに戻るが闇市で苦労続き。すみれが仕事で身を立てていくきっかけに。

2016年度前期「とと姉ちゃん」:主人公・常子(高畑充希)は故郷・静岡を離れ東京・深川に向かう。以後、東京が常子の第2の故郷となる。

2015年度後期「あさが来た」:主人公・あさ(波留)が新次郎(玉木宏)と結婚。新婚生活を描く。

2015年度前期「まれ」:主人公・希(まれ/土屋太鳳)が高校卒業の記念にケーキを作り、パティシエの夢を強くする。が、4週ではいったん市役所に就職する。

……と5年分、振り返ってみると、子役から大人へ。学生から社会人へ。地元から別の場所へ。と何かと変化が起こるのが第3週である。「ひよっこ」と「まれ」は新生活編が4週にずれているが、その分、3週で、「ひよっこ」では聖火リレー、「まれ」では同級生・高志が歌を歌い上げるという(黒猫チェルシーの渡辺大知)ちょっとしたイベントごとが用意されている。

1、2週は前述したように、導入部として背景や登場人物を紹介、主人公の幼少期を描くことに使用され、3週めでようやくドラマが動き出し、作品世界に引き込む重要なフックになるのである。だからこそ派手な見せ場があったほうが続きに期待できる。

■ 第3週の成功が視聴者を最終回まで牽引

例えば、この10作で成功しているのが「あさが来た」である。あさと新次郎の甘く、でもコミカルな夫婦生活を描き(お姫様抱っこもあり)、これが最終回まで視聴者を牽引していった。「まんぷく」も萬平が無茶をして福子が献身するというパターンを3週で印象づけた。

2作とも視聴率的にも人気的にも高い作品、3週でひとつのパターンを作り上げることが成功の鍵といえるかもしれないと思うと、2013年度前期の「あまちゃん」も第3週でノリを決定づけている。

3週めでは、主人公アキ(能年玲奈/現のん)が東京から北三陸高校に転入し新たな生活を送り始める。宮藤官九郎が“朝ドラ”を書くということで注目されてはじまった1、2週は確かにこれまでの“朝ドラ”とは違って笑いの分量が多かった。

さらに3週めになると、アキの親友ユイ(橋本愛)の兄ヒロシ(小池徹平)が「ヒロシです」のBGMを背負って登場。このやさぐれキャラが強烈で「あまちゃん」の異色さを完璧に印象づけたうえ、アキやユイの今後に重要な役割を果たす。1、2週はチーフ演出家の井上剛で、3週は「エール」のチーフ演出家・吉田照幸が担当した。

「エール」の第3週も吉田演出。3週目が今後の流れを作る重要な週になるか今後を見守りたい。いずれにしても、朝ドラは3週めを見ると、面白くなりそうかどうか占えるのである。(文・木俣冬)(ザテレビジョン)