2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。古山裕一(窪田正孝)と関内音(二階堂ふみ)の恋物語がスタートした第4週、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が注目したのは、音の妹で大きな丸メガネがチャームポイントの梅を演じる森七菜(もり・なな)だ。(以下、第4週までのネタバレが含まれます)

■ 裕一と音が文通で…

「エール」第4週はオトナになった音(二階堂ふみ)が登場し、裕一(窪田正孝)と文通をはじめる。きっかけは裕一が国際作曲コンテストに入賞したことで、新聞記事を読んだ音は同世代の快挙に舞い上がって手紙を書く。裕一が「竹取物語」を題材に曲を書いたと知って、幼い時、「竹取物語」を演じた音は運命を感じてしまう。

裕一は裕一で、たくさん来た手紙のなかで裕一の音楽を理解してくれているように感じた音に惹かれていく……。豊橋の音と福島の裕一の、遠距離での恋心。会ったことがないにもかかわらず(本当は子供のときに会っているがふたりは気づいていない)、手紙だけでふたりは熱く盛り上がる。ちょっとバカップルみたいな感じもしなくはないが、初々しく純粋と言い換えることも可能だと思う。

1週と2週は福島と豊橋を一週間ずつ描いたが、4週は一週間のなかで福島と豊橋をテンポよく行ったり来たりして描き、なかなか楽しく見ることができた。川俣のターンは銀行4人組(演じるのは相島一之、堀内敬子、松尾諭、望月歩)が芸達者で場を弾ませるとはいえ、裕一の養子問題とそれに関する実家の老舗呉服店・喜多一の経営問題があって時々暗い影が差す。

その一方で、豊橋のターンは「まんぷく」の初期や「とと姉ちゃん」のように一家の大黒柱・父(光石研)が亡くなって女4人の愉快な暮らし感に溢れていてじつに気が楽。ナイーブな窪田正孝の演技と、コミカルな二階堂ふみの演技の対比のバランスが、5週で合わさったとき、どうなるか楽しみである。

■ “メガネっ娘”森七菜に注目

音の家族も父が早くに亡くなって一瞬不安もあったが、職人も帰ってきて馬具制作事業の経営はいたって安定しているようで、音は歌手を目指して歌のレッスンをしている。姉・吟(松井玲奈)はお嫁さんになる夢をかなえようと頑張っていて、妹・梅(森七菜)は文学の勉強に勤しんでいるようである。3人の娘をお嬢さんぽく育てあげたということは、喜多一と比べ事業は相当順調なのであろう。

音は、母・光子(薬師丸ひろ子)と似ていて進歩的でやんちゃなところがあって、姉は保守的、妹はクールで客観的と三姉妹はそれぞれ違った個性を持っている。着ているものの好みも違う。

4週の注目ポイントは、関内家の末っ子で文学少女の梅を演じる森七菜。知る人ぞ知る新鋭で、新海誠監督のアニメーション映画「天気の子」のヒロインの声を担当している。なお、梅の幼少期を演じた子役・新津ちせは新海監督の娘だ。

森の女優デビューは園子温監督作。岩井俊二監督の「ラストレター」では出演のみならず、主題歌「カエルノウタ」で歌手デビューもした。大物監督作に次々抜擢される大型新人(デビュー4年め)である。

話題になったテレビドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質ですー」(日本テレビ系)では、A組の生徒のひとりで、アニメや特撮が好きでデジタルに詳しいクレバーな役を演じていた。梅も文学にジャンルを移したが、オタク要素のある役という点ではちょっと近いところもあるように思う(外見が全然違うが)。

梅はウィスパーボイスで、「運命は偶然よりも必然である 運命は性格の中にあるという言葉は 決して等閑に生まれたものではない」と芥川先生の一説を引用したり、「現実受け止めんともっと辛くなるよ」と音を冷静に諭したりする。

4人家族のなかで唯一着物を着て大きな黒縁メガネをかけている梅。このメガネが重要。近年の朝ドラではメガネっ娘は人気が出て、朝ドラ以降ブレイクしているのである。

まず「あさが来た」(2015年)の吉岡里帆。ドラマ後半に登場し、ヒロインあさ(波留)の秘書のようになる勉強好きの少女・宜を演じた。最初のうちは一人称が「ボク」で、小さな丸メガネが時々、反射して鏡のようになる演出(当時のメガネはこういうふうになるのだとか)も漫画調で面白く、話題に。吉岡はこの役でブレイク、以後、めざましく活躍していく。

次にメガネっ娘が登場したのは「ひよっこ」(2017年)。ヒロインみね子(有村架純)の就職先・町工場の同僚・澄子を演じた松本穂香。彼女も丸メガネ(吉岡のメガネよりはだいぶ大きい)。のんびりしているが食べる量は人一倍、「うめ〜〜」とヤギのように声を出す。工場の仲間たちのなかでは末っ子キャラでみんなに気にかけられていた。松本穂香もこの役でブレイク。現在も活躍している。

メガネをかけているときは冴えなく見えるが、外すと美少女というギャップが萌え要素だった時代は昭和。いまはメガネをかけていたほうがいいという支持者も多い。

吉岡里帆と松本穂香の場合、メガネをかけることで新鮮な雰囲気になったうえ、のびのびとふだんできない演技ができて、それが彼女たちの魅力をアップしたといえるだろう。楚々とした“美少女”としてだけで消費されない。汎用性のある演技ができることがメガネキャラで印象づけられたのである。

森七菜は朝ドラ第三のメガネっ娘としてブレイクするか。期待がかかる。

それにしても薬師丸ひろ子、松井玲奈、二階堂ふみ、森七菜となんて華やかな関内家であろうか。(文・木俣冬)(ザテレビジョン)