4月28日(火)放送の「この差って何ですか?」(毎週火曜夜7:00-8:00、TBS系)では、人気企画「兄弟姉妹の生まれ順による差」と、家で過ごす時間が多い“今だからこそ気になる差”を紹介する。

同番組は、加藤浩次と川田裕美がMCを務め、世の中のさまざまな「言われてみればちょっと気になる“差”」に注目して、なぜその“差”が生まれるのか、を徹底調査する情報バラエティー。

番組で度々紹介している人気企画「兄弟姉妹の生まれ順による差」では、今回は生まれ順によって生じる性格の大きな差に迫る。

心理カウンセラー・五百田達成は、「相性があまり良くなくてモメてしまった、イラっとしたなどの経験」にも生まれ順による考え方や価値観の差が大きく関係しているという。

例えば、責任感が強くてしっかり者の“長子”は物をストックすることが多いが、楽観的な“末っ子”は物をストックする発想がなく、無くなっても全く気にしないというのだ。

今回、番組では生まれ順の異なる芸能人夫婦や兄弟芸人などを交えて、それぞれの特徴やこだわりなどを紹介。生まれ順による価値観の差が浮き彫りになり、スタジオトークも盛り上がる。

また、兄弟コンビのミキ・昴生が、弟・亜生の大御所先輩芸人へのデリカシーのない接し方への不満や、川田が加藤に抱えていたクレームを明かす場面も。

■ 「お家時間」を楽しめるアイデア

さらに、家で過ごす時間が多い今こそやってみたい“気になる差”として、「お家時間」を楽しめるアイデアとともに紹介。

例えば、揚げてから時間が経ってしまうと、食材の水分が衣に染み込んでしなしなになってしまう揚げ物料理。この悩みもプロの技を使うと、簡単にサクサク食感を取り戻せるという。

番組では、3時のヒロイン・ゆめっちが簡単なプロ技で揚げ物料理をサクサクに復活させることに挑戦する。ほか、頑固なカビ汚れを鮮やかに取る方法やうっかりこぼしてしまったカーペットのシミをまるで魔法のように取る掃除のプロ技も伝授する。(ザテレビジョン)