映像配信サービス「dTV」のオリジナル番組「キスマイどきどきーん!」の最新話(#66)が5月8日(金)昼0:00より配信中。Kis-My-Ft2が繰り広げる、笑いあり、涙あり、感動ありのノーコンバラエティー。

今回は新企画「北山リフティング倶楽部」「レストラン キスマイル」の2本立て。

■ サッカー推薦で高校入学した北山が実力を見せる?

新企画「北山リフティング倶楽部」は高校をサッカー推薦入学した北山宏光が突然やって来た謎のおじさん、山崎さん(69歳)と5回リフティングを受け渡しに挑戦。

サッカー未経験の山崎さんと3分間の練習を行い、チャレンジスタート。しかし、3回目で失敗してしまう。失敗のお仕置きで「何があっても目をつむる」と指示された北山の顔に、山崎さんがおもむろに何かを書き始める。

■ 前回の「キスマイル」の失敗を思い出し、苦い顔のメンバー

「レストラン キスマイル」では客として来店した子ども4人をメニューから選ばれた大喜利で笑わせるのがミッション。

前回、子どもたちからなかなか笑いを取ることができず、苦しい思いをしたキスマイメンバーは「同じ失敗は繰り返したくないね」と気合を入れる。

■ 玉森の笑いセンスが覚醒?

今回は中学1年生が2人、小学5年生の女の子と「グランメゾン東京」を見ていたという小学3年生の男の子合わせて4人が参加。玉森裕太が「おれおれ」とアピールすると男の子には「名前は分からんけど」と言われてしまう。

そんな玉森が1問目「おバカ中学校の運動会で一番盛り上がるのはどんな競技?」で、見事3人を笑わせるという快進撃を見せ、2問目で宮田が「声が面白い」とスマイルをゲット。

■ 勝敗がないと力が出せる千賀

前回と打って変わって史上最速の勢いで全員を笑顔にしたキスマイメンバーに、"店長"藤ヶ谷太輔から「尺が足らない」という理由から自由に大喜利を行うエキシビションを提案される。

するとプレッシャーから脱却した千賀健永の笑いのセンスがさえわたる。

■ 新たな刺客がキスマイを苦しめる?

次回、キスマイ戦隊メモレンジャーではメンバーを苦しめる新たな刺客が登場。

サンシャイン池崎にふんした横尾渉が早口言葉に挑戦する「変身噛ミングスーン」も。(ザテレビジョン)