グラビアを中心に活躍中のタレント佐野礼奈が、4月23日に2枚目となるDVD「昼下がりの秘め事」(イーネット・フロンティア)を発売。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、通常のリリースイベントが自粛となっている中、その代替イベントが、“オンライン上映会”という新しい形で開催された。

そしてイベント前には、感染拡大防止に十分配慮し、佐野がインタビュー取材に応じた。

佐野にとって2枚目となるイメージDVD。「今回は、高校時代に好きだった人…という設定で、けがした好きな人を介抱するという内容になっています」と、全体的なストーリーを紹介した。

■ 一番のオススメのシーン

けがをした同級生の家に行ってから、お部屋を掃除したりとか、相手が骨折したという設定なので、マッサージをしてあげたりとか、ナース服になったりとか、手ブラシーンがあったりとか(笑)、発展していく感じなってます」と、具体的な場面をいくつか挙げた。

中でも一番のオススメのシーンについて「ナース姿でマッサージするシーンがあるんですけど、このシーンが背景も相まって、情緒あるというか、そこが見どころですね」とアピールした。

今回が2作目となるが、記者からは「1st作品と比較して、成長したなと思う場面などありましたか?」との質問も寄せられた。

■ 慣れてきた感じ

佐野は「1stの時だと、どこまでカメラに映っているか分からなくて、表情が抜けちゃってたりとか、(本番中に)演出されたことに対して『はい!』って返事しちゃったりとか(笑)。

目線が泳いでいることもあったんですけど、2ndはちょっと慣れて、表情の作り方とか変わったなと思いますね。慣れてきた感じですね」と笑顔をのぞかせた。

そんな体当たりで臨んだ作品、点数を付けてもらうと「98点!2点足りないところは、泳ぎ姿が汚いところかな(笑)」と、意外な理由を明かしていた。

なお、イベント主催者である映像制作会社「らんくう」、アイドル専門ポータルサイト「東京Lily」では、「コロナに負けるな!みんなで乗り切ろう企画」と題し、今回のオンラインイベントを立案した。(ザテレビジョン)