5月15日放送の「A-Studio+」(TBS系)で、笑福亭鶴瓶とともにMCを務める藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)が初収録の日を振り返る場面があった。

4月放送分から番組に加わった藤ヶ谷は、3月に行われた初収録での出来事を回想した。

2本撮りの1本目の時に鶴瓶から「自由にやったらええねん」と声を掛けられたという藤ヶ谷は、鶴瓶に対する印象を「すっごい優しかった」と語る。

だが、1本目に続いて行われた2本目の収録になると、鶴瓶から「俺が思ってた以上にできるやん。もう助けたりせえへん!」と宣告されたという。

■ 誰が作った思うてんねん

この日の放送では藤ヶ谷がオープニングトークを務めており、鶴瓶は「今日も最初に振るのが藤ヶ谷やねん!」と大声を上げ、藤ヶ谷に対抗心を燃やしている様子。

その後、リモート出演した漫才コンビ・ミキの昴生が「1回目も2回目も師匠がほとんど出てなかった」と指摘。

鶴瓶は冗談交じりに「誰が作った思うてんねん、この番組を!」とツッコみ、「コロナが収束しても俺だけリモート出演にされそうやわ…」と肩を落として見せた。

放送終了後のSNS上では「鶴瓶さんが藤ヶ谷さんのことを見守ってくれているのが伝わりました」「年下の後輩たちにもイジらせてくれるのが鶴瓶さんの懐の深さ」「藤ヶ谷さんも慢心せずに精進しないとですね!」など、多くのコメントが寄せられていた。

次回の「A-Studio+」は、5月22日(金)放送。ムロツヨシがリモート出演する予定。(ザテレビジョン)