5月15日放送の「ミュージックステーション」(毎週金曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)に、「WAになっておどろうプロジェクト」の第一弾アーティストとしてキンプリことKing & Princeが登場。

「WAになっておどろうプロジェクト」は、ジャニーズ事務所所属タレントが週替わりでVTRで出演し、屋良朝幸が新たな振り付けをした、V6の「WAになっておどろう」を披露するという企画で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で過ごす時間が増えている視聴者に向けたものだ。

番組前半では、キンプリのメンバーにリモートで屋良が振り付けをレクチャーするところがオンエア。屋良が「今外に出られなくて一人で家にいる人も多いなかで、それでも(ダンスで)いろんな人と繋がれるところが一番のキーポイント」と語ると、キンプリのメンバーは真剣な面持ちで「はい」と頷いた。

■ 平野紫耀「右…? あ、こっちか…」、 岸優太は「僕たちらしさと言ったら?」

そして始まったレッスンでは、顔に両手を当てて右に首をかしげるような動きをする部分で、平野紫耀が「右…?あ、こっちか…」と独り言を言いながら練習をするシーンや、手で目隠しをする振りの部分で、高橋海人が手の隙間から覗いていたため、屋良が「隙間から覗いてたから絶対覗かないでね。ちょっとやらしい…(笑)」と注意。高橋が「ちょっと屋良君が気になっちゃって…」と返すなど、メンバーの素が感じられるシーンも放送された。

最後の2小節はグループごとの自由振り付けとなるため、キンプリらしさを考えるメンバー。岸優太は「屋良君、何ですかね? 僕たちらしさと言ったら?」と屋良に逆質問。「知らねーよ!」と言われると「知っててくださいよ!」と返すなど息の合ったところを見せていた。

結果、高橋の「King & Princeだから王冠をかぶりたいな」という案で、王冠に見立てた手を頭の上に乗せるという振り付けが完成。本番では、途中の手首を返すような動きに苦戦していた平野と永瀬廉も、笑顔でダンスを披露した。

■ 永瀬廉「自然と笑みがこぼれる」

パフォーマンスを終えて永瀬は「自然と笑みがこぼれるっていうのはすごく感じた」、岸は「老若男女、この曲を歌っていただいて踊っていただいて…。自然と繋がっちゃいますよね」、神宮寺勇太は「ストレッチ要素も入っていたんで、皆さんも踊っていただければ運動不足解消になりますね」、高橋は「最近身体を動かせてなかったので、久しぶりに動かせて良かったなって思います」、平野は「リモートの横の画面の人と手を繋ぐ動きが感動しました」と語った。

キンプリのこのダンスに、SNSなどでは「最高の癒しでした。何度でも見たい」「笑顔の紫耀くん、かわいい!」「可愛いの天才」「画面に手を振る岸くん、アイドルや〜。ありがとう!」「オリジナル部分、キンプリらしかった!」など、絶賛の声が送られていた。

※高橋海人の「高」、正しくは「はしご高」(ザテレビジョン)