5月22日に放送された「ぴったんこカン・カン」(TBS系)は、「おうちで歌おう!ぴったんこ歌祭り」と題し、過去の放送回から歌のシーンをピックアップした。中でも、石田ゆり子が披露した、恋ダンスには、数多くの反響が寄せられた。

1曲目はドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年)の主題歌に起用された、星野源の「恋」。

2016年12月の放送では、ゲストに石田が登場し、TBS安住紳一郎アナと“恋ダンス”を披露した。

石田から一緒に踊りたいと誘われた安住アナだが「こんな知らないドラマのスタッフの前で、もし手間取ったりなんかしたら“逃げ恥”どころか私の“生き恥”になっちゃう」と戸惑った様子。

ダンスレッスンを経て、3時間に及んだというリハーサル撮影へ。番組では完コピ版が放送され、視聴者からは「恋ダンス懐かしい」「石田ゆり子さん美しすぎた」「石田ゆり子の恋ダンス可愛すぎる」「ホントに笑顔が素敵」などの反響が寄せられていた。

■ 大杉漣さんと北野武監督

また番組の最後には、2017年10月、大杉漣さんと北野武監督の出演回を放送。

ビートたけし作詞作曲の「浅草キッド」が大好きだという大杉さんは「この曲はお笑いの世界だけじゃなくて、ものを作ろうとしている人間に対しては背中を押してくれる曲だなと、改めてすごい曲だなと思いました」とコメント。練習してきたという大杉さんがギター演奏し、北野監督が歌った。

視聴者からは、「大杉漣さんのギターには感動した」「大杉漣さんとたけしさんの『浅草キッド』、泣けた」「泣けてしょうがない」などの反響が寄せられていた。

「ぴったんこカン・カン」、次回は5月29日(金)放送。高嶋ちさ子、上白石萌音らが再登場する予定。(ザテレビジョン)