2019年3月に公開された「映画 少年たち」が、5月25日(月)にWOWOWシネマで放送される。放送に伴い、本木克英監督からコメントが届いた。

1969年の初演以来、何度も上演を重ねられてきた故・ジャニー喜多川氏の企画・構成・総合演出による舞台「少年たち」。

舞台の初演から50年となる2019年に、SixTONES、Snow Manら当時の東西のジャニーズJr.が出演し、「映画 少年たち」として初めて映像化された。

同作の舞台となるのは少年刑務所。やむにやまれぬ事情から犯罪に手を染めてしまった少年たちが、力強く生きていこうともがき、仲間と共に未来を願う姿を描く。

オリジナル楽曲やダンスが盛り込まれた、ジャニーズならではのエンターテインメント性あふれる作品となっている。

また、4月24日のテレビ初放送の際に反響を呼んだSNS企画も再び実施。リアルタイムで番組を視聴し、「#今日もおうちでみんなで少年たち」「#おうち時間」のハッシュタグを付けてツイートすることで参加できる。

■ 本木克英監督コメント

公開から一年以上経った今も「映画 少年たち」を観てくださる皆様に感激です。ありがとうございます!

キャストそれぞれが新たなステージへと進み、大活躍している姿を我が事のように喜んでいます。

今はテレビの前で一緒に歌って踊って盛り上がっていきましょう! (ザテレビジョン)