10月スタートのテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「24 JAPAN」に、仲間由紀恵の出演が決定した。仲間は「民生党」党首で日本初の女性総理候補・朝倉麗(うらら)を演じる。

主演を唐沢寿明が務める同ドラマは、米国ドラマ「24」をリメークした作品で、唐沢が“日本版ジャック・バウアー”獅堂現馬(しどう げんば)を演じることがすでに発表されている。

唐沢は、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長で、危険を顧みず任務を遂行する一方、状況によっては踏みとどまることの大切さも知っているという役どころ。良識ある優秀な人物だが、正義のために大胆な選択を取ることもある人物だ。

今作では、米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、日本初の女性総理誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を、全24話で克明に描いていく。

唐沢と仲間は、今年1月に放送されたドラマスペシャル「ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女」(テレビ東京系)で初共演を果たしたが、連続ドラマで共演するのは今回が初となる。

■ 寝ないで見ていたドラマ

今回出演の決まった仲間は「オリジナル版『24』は2001年製作ですが、日本放送がいつだったのか…。もう、だいぶ昔ですが、“初めてこんなにドラマにハマった”という作品でした。面白くて見るのを止められずに、まさに寝ないで見ていたドラマです。

“1日の中での話”ということやテロの危険にさらされる、という設定などもどうなるのか、最後までドキドキしながら見ていました。その日本版にお声掛けいただいて、大変光栄です」と率直な心境を明かす。

「実は、クランクイン前からすごく緊張しています。私が演じる朝倉麗は総理候補ですので、とても賢く、強い信念を持つ女性。そんな女性を演じるのかと思うと、少し尻込みしてしまいますが…頑張ってなりきりたいと思います」と、大役への意気込みを告白。

■ 共演シーンを楽しみたい

また、連続ドラマでは初共演となる唐沢に関しては「今回、唐沢さんとご一緒ということで楽しみにしています。前回ご一緒した作品では、最初は敵対しつつもお互いを理解しながら、一緒に問題を解決していくという感じでしたが、今回は唐沢さんに守られる役ですので、厚い信頼を寄せながら(笑)、共演シーンを楽しみたいと思います」と、早くも期待を寄せている。

「世界中もですが、日本もまだまだ自粛を意識しながら生活を続けていくことになりますが、日本版『24』のフィクションの世界に浸って、スピード感のある唐沢さんの活躍と共に、ストレスを解消して楽しんでもらえたらと思います」と、仲間は視聴者へメッセージを送った。

10月から全24話で放送予定のテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「24 JAPAN」は、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」、テレビ朝日の新動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」とも連携し、多角的なプロジェクトを予定している。(ザテレビジョン)