スタート日が遅れたり、いったん開始したものの休止になったりしている波乱の連続ドラマ。月刊ザテレビジョン編集部がピックアップした、まだスタートしていない注目の5作品について、コラムニストの木村隆志氏、フリーライターの横川良明氏、小田慶子氏の3人が語り合った。まずは、篠原涼子が派遣社員・大前春子を演じる「ハケンの品格」(日本テレビ系)について。

横川「13年前に第1作が放送されたとき、僕も派遣社員だったので、春子の活躍に溜飲を下げていました。時代劇みたいなドラマだけど、派遣の描き方にはリアリティーがありますね」

小田「それだけに今回はタイミングが悪かったかも。新型コロナウイルスの感染拡大で経済も落ち込み、いわゆる派遣切りが起こっているじゃないですか。“強いハケン”の春子が“弱いハケン”を助けるという構図を描くにしても、描き方が難しい世の中になっていますよね」

木村「脚本の中園ミホさんは前作の後に、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)で時代の変化を取り入れてきたので、ぜひここでもやってほしい」

横川「ウィズ・コロナとかアフター・コロナというけれど、今期で変化した現実をいち早く反映できるとしたら、この作品ですよね」

小田「いっそプロットを変えて、途中で大規模な派遣切りが起こることにしては? クライマックスで春子が派遣社員を率いて戦う姿を描けば、神ドラマになる!」

木村「ただ、基本は何も考えずに楽しむ趣向なので…。春子はロボット的なキャラだけれど、篠原さんには、13年の歳月を経たからこその進化も見せてほしい」

小田「あと、やっぱり篠原さんと大泉洋さんとの丁々発止のやりとり! コンビ復活が楽しみです」

続いては、「倍返しだ」の決めゼリフで社会現象を巻き起こした「半沢直樹」(TBS系)。

横川「半沢(堺雅人)が証券会社に出向。前作で描かれた銀行という特殊な世界よりは身近に感じられるかも。親会社が子会社の仕事に横やりを入れたり、プロパーと出向組が対立したりというのもリアルにあることなので」

木村「“倍返し”する下克上の構造が一段深くなりましたよね。しかし、これは何といっても演出のドラマ。福澤克雄監督が今回はどこまでやってくれるか」

小田「7年前に放送された前作を見直すと、映像に何か異常なほどの勢いが(笑)。前作のラスボス、大和田役の香川照之さんに加え、新キャストの市川猿之助さん、古田新太さんが半沢の敵役。証券会社の部下・森山役の賀来賢人さんもいい演技をしているそうで、どんな芝居を見せてくれるんだろうというワクワク感は一番あります」

横川「ただ、7年前はこの路線が新鮮に感じられたけれど、その後、日曜劇場で池井戸潤原作ものをたくさんやってきたので、インパクトでは前作に及ばないかな?」

■ 「BG〜身辺警護人〜」は木村拓哉の個人戦に

木村拓哉主演「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)も2シーズン目。章(木村)が警備会社を辞め、フリーのボディーガードになる。

木村「木村さんが脚本の井上由美子さんと組んだ作品には『GOOD LUCK!!』('03年TBS系)などが。それと同じでチーム戦に見せていたけれど、今回は木村さんの個人戦という形になるんですね」

横川「僕は『グランメゾン東京』('19年TBS系)が好きでした。あの作品では『この年齢の木村拓哉だったら、かっこ悪いところがあってもいいよね』という視聴者の視点に近い演出が良かったんですよ」

小田「本作では思春期の息子に手を焼く、かっこ悪いお父さんを演じているのは面白い。キャストでは、菜々緒さんのハンサムなパンツスーツ姿が、同性ながら楽しみです」

木村「菜々緒さんと斎藤工さんは魅力が十分に生きていますね」

横川「警備会社の新オーナーを演じる仲村トオルさんも、みんなが見たかった役どころでは?」

小田「確かに。前作では上川隆也さん演じる上司が救急車の中で…という場面が忘れられない。木村さんと対を成す先輩の共演者はとても重要」

横川「できれば、演出でもっとテンポ感とダイナミックさを出してほしいですね」

綾野剛と星野源がW主演する「MIU404」(TBS系)は、脚本が野木亜紀子で演出が塚原あゆ子という「アンナチュラル」('18年TBS系)チームによる注目作。

横川「このドラマの取材をしましたが、面白いですよ! 第1話は導入だけど、第2話、第3話と毎回スタイルを変えてくる」

小田「私も今期で最も楽しみ。『あぶない刑事』('86〜'87年ほか日本テレビ系)のようなよくある相棒ものだけれど、綾野さんと星野さんが捜査官というキャスティングの意外性で見たくなった。塩顔好きにはたまらない組み合わせですよね」

木村「今年は『恋はつづくよどこまでも』('20年TBS系)のようにベタで分かりやすいものに流れが来ているから、この定番路線でヒットするかもしれないですね」

小田「野木さんの脚本は『アンナチュラル』のようにジャンルものの枠組があった方が分かりやすくて、数字は取れる気がします」

■ 若い感受性に期待したい(木村氏) 

中島健人&平野紫耀が共演する「未満警察 ミッドナイトランナー」(日本テレビ系)も話題作。

横川「僕は日本テレビ系の土曜と言えば『金田一少年の事件簿』('95年ほか、堂本剛主演)、『銀狼怪奇ファイルー』('96年、堂本光一主演)を見てきた世代なので、これは伝統のジャニーズドラマとして期待しています」

木村「このジャンルは存在していいよね。中島さんと平野さんが顔をそろえるのは魅力的だし、この2人でどこまでやってくれるのか。もっと2人だけにフィーチャーしていいぐらいだと思います」

小田「原作が韓国映画で、コミカルな場面もあるということですが、私がファンならむしろシリアスな捜査劇の中、スタイリッシュな映像でひたすらかっこいい2人を見ていたい」

横川「意外にあるんですよ。ファンにサービスしたつもりが、ニーズから離れてしまうことが…」

小田「ありがちですよね。ただ、殺人描写などが怖すぎると敬遠されがちだから、楽しい場面も必要なのかな」

木村「いや、上半身裸の場面などを出すなら、アイドルドラマとして振り切っちゃった方がいい。中途半端にはしない方がいいと思います」

最後に、3人が気になっている注目若手俳優を。

木村氏=道枝駿佑(「BG〜身辺警護人〜」テレビ朝日系)

「『母になる』('17年日本テレビ系)の息子役から3年、どれだけ成長したか楽しみ。今回はカフェ店員役で、木村拓哉さんと絡み、いろんなものを吸収できそう。若い感受性に期待したい」

小田氏=森七菜(連続テレビ小説「エール」NHK総合ほか)

「今、引っ張りだこで『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)にも出演。今作ではヒロインの妹役で、再来年ぐらいのヒロイン就任に布石を打った感じ。美人過ぎず役の幅が広いのが強み」

横川氏=田中偉登(連続テレビ小説「エール」NHK総合ほか)

「映画『るろうに剣心』( 2012年)の弥彦役など子役の頃から脇で光る演技を見せてきた20歳。目に力があって印象的。今作では喜多一の店員役で、これからも存在感を見せていきそう」

●木村隆志=コラムニスト、ドラマ解説者。毎月20〜25本のコラムを寄稿。「週刊フジテレビ批評」(フジテレビ系)に出演中

●横川良明=フリーライター。映像・演劇を中心に取材・執筆。著書にインタビュー集「役者たちの現在地」(KADOKAWA)

●小田慶子=フリーライター。出版社に勤務後、フリーとなり芸能人のインタビューなどを。雑誌「LDK」でドラマコラムを連載中(ザテレビジョン・文=小田慶子)