山崎賢人主演で2019年4月に公開され興行収入57.3億円の大ヒットを記録した映画「キングダム」の続編・パート2の制作が決定した。29日放送の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)内で山崎が発表した。製作決定に、山崎は「前作よりも成長した姿を皆さんにみていただけるように、そして、前作を超える面白い作品にできるように、キャスト・スタッフ一同頑張りますので、完成を楽しみにしていてください!!」とコメントを寄せている。

※山崎の「崎」は正しくは「立さき」

■ 「キングダム」は2019年邦画実写作品1位に

同作は、春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・エイ政(のちの秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く。原作は2006年から「週刊ヤングジャンプ」に連載中の超人気コミック。現在までに単行本57巻まで刊行され、累計発行部数6,400万部(2020年4月現在)を記録している。

実写化不可能とも言われたこの大ヒット漫画を原作とする映画「キングダム」は2019年4月19日に公開され、邦画史上最大級のスケールで描かれたエンターテインメント超大作として多くの支持を得た。

興行収入は57.3億円を突破し、同年公開された邦画実写作品で見事1位を獲得。数々の映画賞にも選出された。本日29日には日本テレビ系「金曜ロードショー」にて地上波初放送が決定している。

そんな「キングダム」続編・パート2の制作が決定した。

前作に引き続き、佐藤信介が監督を務め、主人公・信(しん)役に山崎賢人、エイ政(せい)役に吉沢亮、河了貂(かりょうてん)に橋本環奈ら前作の豪華キャスト陣が再集結。原作者の原泰久氏も前作同様脚本を担当し、映画オリジナルのシーンやセリフも加筆されたという。前作以上のスケールで、製作が動き出した。

■ 原泰久氏「今回も長〜い脚本会議に…」

公開直後から、映画を観たファンからは「早く続きが観たい」「映画で描いたのはまだ序盤」といった続編を期待する声が多く上がっており、続編のキャスト予想も盛り上がりを見せていた。

また、信を演じた山崎が「信が大将軍になるまで演じたい」と語るなど、製作サイドからも続編への強い思いはにじみ出ていた。そんなファンと製作陣の熱意が、続編製作のニュースにつながった。

公開日やストーリー、新キャストなど詳細はまだ明かされていないが、続編製作決定の一報に際し、主演の山崎は「本作ではいよいよ“信”が戦場に出ていくストーリーが展開されます。前作よりも成長した姿を皆さんにみていただけるように、そして、前作を超える面白い作品にできるように、キャスト・スタッフ一同頑張りますので、完成を楽しみにしていてください!!」とコメント。

また、原作者の原泰久氏は「今回も長〜い脚本会議にかかわらせていただいております。王騎が信へ告げた『戦場で会いましょう』、まさにその世界をしっかりと描くことになりそうです」と語っている。

■ 山崎賢人「いよいよこれから」

「『キングダム』は前作の撮影が終わったときに“信”の気持ちと同じように僕の中でも「いよいよこれから物語が始まっていくんだ、まだまだこれからだ」と感じていた作品でした。

監督やキャストのみんなで「続編も撮れるといいね」と話していたので、続編が決まって本当に嬉しい気持ちです。

前作同様、今回も原先生が脚本に関わってくださっているので、いちキングダムファンとしても、映画に関わる役者としても、本当にワクワクするような、期待を裏切らない熱い脚本になっています。

本作では、いよいよ“信”が戦場に出ていくストーリーが展開されます。前作よりも成長した姿を皆さんにみていただけるように、そして、前作を超える面白い作品にできるように、キャスト・スタッフ一同頑張りますので、完成を楽しみにしていてください!!」

■ 吉沢亮「ワクワクしています」

「映画『キングダム』で“政”を演じるということは、僕の役者人生のターニングポイントになりました。これからも“政”と一緒に、自身も成長していきたい、と思わせてくれた作品でしたし、前作の撮影中から続編をやりたいと、キャスト・スタッフみんなで話していたので、続編の製作が決定して台本を手にした時に、本当に実現したんだという嬉しさがありました。

今回も原先生が脚本に携わってくださっていることもあり、原作の世界観を壊さずに、本当に面白くて、熱くて、見ごたえのある物語になっています。この作品を、どのような映像として届けられるのか、演じる我々も、今から本当に楽しみでワクワクしています。

皆さんが期待している以上の最高の作品にしたい、とキャスト・スタッフ一同思っていますので、是非とも期待してお待ちください!」

■ 原作者・原泰久氏「前作以上のスケールで」

「実写映画『キングダム』続編の製作が決定しました!想像以上の多くの方に前作をご覧いただけたお陰で、続編へとつながりました。本当にありがとうございます!!

今回も長〜い脚本会議に関わらせていただいております。王騎が信へ告げた『戦場で会いましょう』、まさにその世界をしっかりと描くことになりそうです。

前作以上のスケールで、邦画史上に残る戦場とドラマを楽しんでもらえるのではないかと思います。公開はまだ先になりますが、どうか皆さん、楽しみに待っていていただけたら嬉しいです」(ザテレビジョン)