志田未来と花江夏樹がW主演を務める長編アニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」(6月18日[木]全世界独占配信、Netflix)の特別映像と、“猫住人”たちの場面写真が公開された。

「泣きたい私は猫をかぶる」は、「ペンギン・ハイウェイ」(2018年)で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞した、アニメーションスタジオ「スタジオコロリド」の長編アニメーション映画第2弾となる青春ファンタジー。

愛知・常滑を舞台に、「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれる、ちょっと変わった中学2年生・笹木美代(志田)と、彼女が思いを寄せるクラスメート・日之出賢人(花江)が繰り広げる不思議な物語を描く。

志田と花江がW主演、岡田麿里が脚本、佐藤順一と柴山智隆がW監督、人気バンド・ヨルシカが主題歌と挿入歌を担当。

また、ムゲを「猫」世界へと導く謎のお面屋・猫店主役の山寺宏一、ムゲと日之出の担任教師役のおぎやはぎ・小木博明ら、豪華キャスト陣が集結している。

■ 秘密の世界「猫島」での大冒険を予感させる特別映像

解禁された特別映像は、ムゲにお面を授けた怪しい猫店主の「猫になればよいことだらけ、もう大抵のことは幸せだよ」という甘いささやきからスタート。

お面の力で猫に変身したムゲが、軽やかな身のこなしで屋根から日之出に向かってダイブする姿や、日之出におねだりしてご飯を作ってもらったり、無防備な寝顔を近くで眺めたり、頬ずりしてもらったりと、猫ならではの“特典”を満喫する姿が映し出されている。

大好きな日之出のそばにいられる喜びと、周囲との関係に悩むことない自由気ままな猫の生き方に、次第に心地良さを覚えていくムゲ。やがて彼女は、人間には見えない猫だけの秘密の世界「猫島」へと足を踏み入れる。

島の中で服を着て二足歩行で歩く彼らは、かつては人間だったが猫として生きることを選んだ「猫住人」。

映像では、ムゲが居酒屋らしき店で彼らと話し込む姿や、真剣な顔つきで街を駆け抜けたり、投石機のような装置で飛ばされたりといったアクションシーンも登場し、「猫島」での大冒険を予感させる。

また、ムゲの他にも個性的な猫たちが登場。ムゲの父の婚約者・水谷薫の飼い猫で、ムゲと同じ家に暮らすメス猫・きなこの声を喜多村英梨が担当。

薫にしかなつかないが、何かとムゲの動向をうかがっており、ひそかにある策略を巡らせているという謎多き猫を、確かな演技力で表現する。

ムゲが猫島で出会う猫住人で、落ち着き払っているが、いざという時には行動的な頼れるカキヌマを三木眞一郎、ムゲに早く人間の世界へ戻るように諭すタマキを佐久間レイ、島に来たばかりのムゲを住人たちの溜まり場へと案内するスギタを吉田ウーロン太、猫になったムゲを心配し泣いてしまうほど涙もろいハジメを落合福嗣が演じている。

■ 「泣きたい私は猫をかぶる」ストーリー

私はあなたの力になりたい。好きって言われたい。

笹木美代(ささき・みよ)は、いつも明るく陽気な中学2年生の女の子。空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメートからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている。

しかし、本当は周りに気を使い、「無限大謎人間」とは裏腹に自分の感情を抑えて日々を過ごしていた。

そんなムゲは、熱烈な思いを寄せるクラスメートの日之出賢人(ひので・けんと)へ毎日果敢にアタックを続けるが、全く相手にされない。めげずにアピールし続ける彼女には、誰にも言えないとっておきの秘密があった…。

それは、猫の姿になって大好きな日之出に会いにいくこと。実は、ムゲはある夏祭りの夜、お面屋にいた猫の店主から「かぶると猫へと姿を変えることができる」という不思議なお面をもらって以来、猫・太郎として日之出の家に通っていたのだ。

普段はクールに振る舞う日之出だが、太郎にだけは素直な気持ちを打ち明けることができ、いつしか太郎は日之出の支えになっていた。

「人間」のときには距離を取られてしまうが、「猫」のときには近づける2人の関係。ムゲもまた、猫でいれば周囲との関係に悩むことない自由さを知り、次第に心地よさを覚えていく。

猫として長く過ごすほど、いつしか猫と自分の境界があいまいになるムゲ。ある日、再び現れた猫店主から、猫の“お面”とムゲの“顔”を交換し、「人間」を捨て「猫」として生きるよう迫られる。(ザテレビジョン)