YOSHIKIが5月30日、ニコニコ生放送と YouTube International サブスクリプション内「YOSHIKI CHANNEL」にて、ロサンゼルスの自宅から5度目となるセルフ生配信を敢行。その配信の様子を別アングルから撮影したインスタライブも行い、10万ビューを超える視聴数を記録した。

この配信は、YOSHIKIが撮影準備から進行まで全て1人で行い、有料にもかかわらず、アメリカ、カナダ、ドイツ、ロシア、フィンランド、中国、台湾、韓国、フィリピン、マレーシア、タイ、ブラジル、アルゼンチンなど、世界各国のファンが視聴。

配信の冒頭では、YOSHIKI が住んでいるロサンゼルスについて、基本的にはまだ外出禁止ではあるが、自粛の段階がステージ2に入り、レストランなどでは制限付きだが店内でも飲食できるようになってきた、と現状を報告した。

現地で著名なスタジオを持つYOSHIKIは「録音時にマイクの前に立てるポップガードやヘッドフォンは持参する」など、レコーディングアカデミーが提案している新たなルールについても語った。

続いて、5月で首の手術からちょうど3年経ったということで、Instagramに投稿した過去の写真や動画を見ながら、当時を振り返り「左手の親指と人差し指は、今もずっと電気が流れているような痺れがある。でも指は動くし、ピアノも弾けるので、なるべく前向きに考えている。首を2回手術して、それでもまだドラムを叩いてるので、無謀だと周りに言われるけど、自分はそれなりの信念を持って音楽をやっているから」と笑顔を見せた。

このタイミングで首の手術に言及した理由について、「自分は首の手術をして生活が変わってしまったけど、僕らが今後過ごすNew Normalの世界もある種同じかもしれない。ワクチンができるまでの間、この変わってしまった世界に対応していかなくてはならない。僕は手術後に一時歩けなくなったし呼吸も普通にはできなくなったけど、今はこうして音楽活動ができている。こんな人もいるんだということを知ってもらい、少しでもみんなを励ませればと思った」と述べた。

■ 膨大な量のミーティングに「しゃべりすぎて口の筋肉が痛い(笑)」

毎年恒例のディナーショーについては、当面の延期を発表。当初15公演が 8 月に決定していたが、コロナ感染拡大防止のために自らキャンセルを決断したという。

だが現在、YOSHIKIは大きなプロジェクトをいくつも抱えており、日本、中国、アメリカ、ヨーロッパ…と、世界各地のスタッフチームと24/7で会議をしているとのこと。膨大な量のミーティングで、「しゃべりすぎて口の筋肉が痛い(笑)」と冗談交じりに言った。

「エンターテインメントの世界は、これからが本当の戦いになる」と考えるYOSHIKIは、”成功すれば業界的にも新たな道が開けるような”実験的な計画もある様子。

「みんなの力になれるように、思い切ったことをやってみる。失敗する可能性もあるけど、失敗を恐れたら何もできない」と語り、計画中のプロジェクトには「こんなこともやるの!?」というものもあると明かした。その1つは6月20日(土)の次回の配信で発表できそうとのこと。

今回の配信は、ファンの質問にYOSHIKIが答える形で進行。ファンからのコメントも出来る限り拾っていたが、その中に、基本デザインの楽天カードユーザーが続々とYOSHIKIデザインに切り替えていることや、その変更の仕方をファンが説明したHPがいくつか存在することも知り、驚きながらも感謝の気持ちを表した。

■ 「なるべく幸せなことを考える努力をする」

他にも、ファンからの質問では、「自粛生活で鬱にならないか?」「ポジティブに考えるには?」などのメンタル面の内容も多く寄せられた。

それに対しては「正直言うと、鬱になる。今だけじゃなく子供の時から、鬱状態になる時がある。どうやってその状態と戦うか─僕は、芸術に向かう。日記のように毎日曲を書いて吐き出します」と、幼い時に自殺した父親の死について触れた上で告白した。

加えて、「なるべく幸せなことを考える努力をする」と言い、自粛が続く現状も、「3月18日から2ヶ月半、こんなに長い期間同じ場所にとどまってたことはなかった。こんな状況になって、今までのことがリセットされてるのかな、とも思う。今までやってきたことは、流されて何となくやってきたのか、本当にやりたくてやってきたのか─本当にやりたいこと、すべきことは何なのか? 考える時間が与えられた気がする」と、良い方向に捉える努力をしていると語った。

配信の最後は「should have〜,would have〜,could have〜…ああすればこうすれば良かった、はいったん置いといて、これからどうすべきかを考えることが重要。今の状況を受け入れて、その中で可能性を探っていく。今だからできる事が絶対ある。僕はアーティストとして、”New normal”で今まで当たり前だったことができなくなり、辛い思いをしてる皆さんを励ます立場でいようと努力している。皆がサポートしてくれたから、まだ自分も頑張っていられる。そして何らかの理由でまだ生きている。きっとそれは今のような辛い時に、皆を励ます使命があるからなんだろうな、と思っている」と、強い決意で締めくくった。(ザテレビジョン)