6月2日(火)夜11:56からMBSで、浜田雅功と“相方”、スタッフが、五分五分の立場でロケを行う「ごぶごぶ」が放送される。

今回は、約3カ月ぶりにスタジオでのロケで再始動。一人でスタジオに足を踏み入れた浜田は、申し訳程度に置かれたスタジオセットに「何もあらへん…」「(今日は)何ですか?」と不安げな様子を見せる。

そんな浜田の前に、浜田をよく知る人たちが登場。浜田は「うわうわうわぁ〜何これ?」と文句を言いながらも、仲の良い後輩たちを前にうれしそうな表情を見せる。

そして、安全に安全を期して、推奨されているソーシャルディスタンスの倍ほどの距離を取った“ごぶごぶ流ルール”の下、「黒ひげ危機一髪」や「ジェンガ」「だるま落とし」「将棋崩し」といった定番のおもちゃで遊ぶことに。

そんな中、おもちゃに触れる前に消毒という“ごぶごぶ流ルール”をすぐに忘れる浜田は、「消毒! 消毒! すぐ忘れるんだから!」と注意されイライラが募る。さらには、スタッフも2mの距離を保つため近寄ることができず、準備も片付けも自分たちで行うため、「それに時間費やしてたら番組終わってまう!!」と憤慨する。

また、ゲームが進むにつれ、浜田が近寄れずいつもの鉄拳も飛んでこないことに気付いた後輩たちは、ここぞとばかりに浜田に好き勝手言い始める。(ザテレビジョン)