窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)。6月9日放送の第52回では、裕一(窪田)の父・三郎(唐沢寿明)と母・まさ(菊池桃子)が久しぶりに登場し、存在感を示した。(以下、ネタバレがあります)

■ 久々の三郎に「変わってなくて嬉しい!」の声

藤堂先生(森山直太朗)の誘いを受け、裕一は音(二階堂)と生まれたばかりの娘・華を伴って久しぶりに福島の地を踏んだ。

実家を救うための養子縁組を振り切り、捨てたつもりで飛び出した故郷。だが川俣銀行時代の同僚らに温かく迎えられ、藤堂先生と昌子(堀内敬子)の結婚も初めて知らされ、裕一は思いがけず楽しい時間を過ごした。

そして実家・喜多一の店先へ。故郷を捨てた後ろめたさからオドオドする裕一に対し、三郎とまさは初孫の華に「うわぁ〜めんごいなぁ」とニコニコ。わだかまりなどなかったかのような、笑顔のあふれる穏やかな再会シーンとなった。

第30回、福島を出ていく裕一を「おめえが捨てたって、俺はおめえを捨てねぇ。安心しろ。ともがぐ、俺みてえになんな。行け」と懐深く送り出した三郎。

髪に白いものが混じりながらも、かつての温かさそのままの姿に、視聴者からは「お父ちゃん変わってなくて嬉しい!」「お父ちゃんお決まりのドタバタいいね」「唐沢さんのお父ちゃん、相変わらずにぎやかであったかくていいなぁ」といった声があがった。

■ 三郎の体調に異変…漂う一抹の不安

とはいえ、喜多一が店をたたんでいたり、母の実家・川俣銀行も人手に渡っていたりと、初めて聞く近況に裕一はショックを隠せない。ラストでは、三郎が「ウッ!」と突然苦しみだす描写も…。「お父ちゃん、病気なの?」「どうした?」「これは…なにかのフラグ?」と心配する声も飛び交った。

半年かけて主人公の生涯を描くことが多い連続テレビ小説では、父母や家族との絆は作品を貫く重要なテーマの一つ。福島への凱旋は、裕一にとって父や家族への思い、やや屈折したままの福島への思いに変化をもたらすエピソードとなりそうだ。

6月10日(水)は第53回を放送する。

久しぶりに裕一が実家に帰ってきた。その夜は宴会が開かれ、皆が楽しく飲んでいるさなか、弟の浩二(佐久本宝)が役場の仕事から帰宅する。浩二は相変わらず裕一に冷たく、三郎がお酒を飲んでいる事にも苛立っている。いっぽう、音は三郎の体調が気になっていた。(ザテレビジョン)