長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の収録が、6月30日(火)より再開することが分かった。

同ドラマは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため4月1日より収録見合わせ、6月7日放送の第21回をもって放送を一時休止していた。放送開始時期については、収録再開後の状況を見極めながら検討し、決まり次第発表される。

また、同時期に放送休止が発表された連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)、および2020年秋スタートの「おちょやん」については、現在、収録再開に向けての準備を進めているとのこと。こちらも決まり次第発表される。(ザテレビジョン)