神木隆之介が探偵助手、浜辺美波と中村倫也が探偵を演じる映画「屍人荘の殺人」のBlu-ray&DVDが6月17日(水)に発売。Blu-ray豪華版に収録される撮影メーキング映像の一部が公開された。

撮影メーキングは緊張感もありつつ、笑いも起こりながら進められた撮影の日々を追ったもので、キャストのインタビュー、クランクアップ映像などが収められている。

今回公開された映像はその一部で、神木隆之介、浜辺美波、中村倫也がそれぞれの印象を語っている。

「3月のライオン」(2017年)で共演した神木と中村。中村は神木との再共演について「呼吸みたいなものはある程度わかっている」と話し、一方の神木は「相変わらず不思議な方」と言うが、撮影中の様子を見ると息がピッタリなことが伺える。

また「自分の好きな作品に出演できるっていうのが一番うれしい」という浜辺は、自身が演じる剣崎比留子について「可愛らしかったり、清楚な部分はあるけれど、頭を使って“黒い部分”を出している、つかめない感じがある」と分析している。

そんな浜辺について神木は「恐ろしいほどしっかりしているところがあって、こんなにしっかりしている子がいるのか、と思っていました。でも時々見られる“ドジっ子気質”なところが、年相応ぽいなーと安心していました」と印象を明かした。

一方の浜辺は神木を「少年のような方。人との距離感とか、本当にそういう方っていらっしゃるんだ、というくらい、誰からでも好かれるような、素晴らしい方。神木さんのようになりたいと、毎日思うような撮影だった」と讃えている。

メーキング映像には他にも、撮影の合間の笑いの絶えないリラックスした映像、深夜に及んだ過酷な映像の裏側などの映像を収録。

また、神木と浜辺による、作品の謎に迫ったコメンタリー映像やイベント映像なども収められている。(ザテレビジョン)