6月10日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) は、ゲストに大久保佳代子、川田裕美、鷲見玲奈が登場。TOKIOメンバーの女性観を判定した。

女子が男子にする行動でどこからが“好きアピール”なのかをジャッジする企画「完全に好きアピ警察24時・特別編」で、大久保、川田、鷲見が、よくある女性の行動を「シロ=好意ナシ」「クロ=好意アリ」で判定。

長瀬智也は「彼氏と上手く行ってない、と相談してくる女性の行動はクロではないか?」と予想する。まずは同性に相談するものという前提がありつつ、自分が彼氏と別れたときに「助けてくれる相手を育てておく」という保険的な意味合いがあるのでは、と話す。

その意見に対し、男女それぞれ相手側に声が聞こえない状況で話し合いを実施。鷲見は「少女漫画によくあるパターン」と現実的ではないという意見。大久保も彼氏のことなので、同性である男性の意見が聞きたいだけでは…と言い、川田も単に「ガチの相談」と3人揃ってシロと判定。大久保はさらに「長瀬くん怖いよね」と言い、鷲見も「“育てる”ちょっと分からなかった」と長瀬の予想を否定する。

一方、TOKIOメンバーは長瀬の意見に全員が同意。国分太一は「いずれ別れたときにはアナタのことが気になってますよ」と取れると言い、長瀬も「相談した時点でその彼との関係性は諦めているはず」と断言。松岡昌宏も「絶対そう」とうなずく。

話し合いを終え、女性陣はシロの判定を伝え、鷲見は「あっさり決まりました」と報告し、川田からは「我々は心配になりました」と伝える。鷲見が「長瀬さん、女性経験が少ないんじゃないですか?」と問いかけると、「大きなお世話じゃ!」と笑い飛ばす長瀬に、大久保は「(女性と)付き合ったことあります?」と追い打ちをかけた。

SNSでは「俺は全部これ勘違いします」「TOKIOカケル勉強になるな」など男性からのTOKIOを指示する声があがる一方、女性からは「総じてピュアなんだよTOKIOは」などと、女性のことがわかっていないと考えるコメントが寄せられた。

次回の「TOKIOカケル」は6月17日(水)夜11:00より放送予定。ゲストに志尊淳、誠子(尼神インター)、鈴木奈々が登場する。(ザテレビジョン)