6月17日(水)夜10時スタート、篠原涼子が主演を務める「ハケンの品格」(日本テレビ系)。そのスピンオフとなるドラマ「ハケンの珍客」が、地上波放送終了後に毎週Huluで配信される。

「ハケンの珍客」では、新入社員の井手裕太郎(杉野遥亮)、三田貴士(中村海人)、派遣社員の福岡亜紀(吉谷彩子)、千葉小夏(山本舞香)の4人をメインに、ドラマ本編と平行するもう一つの物語が展開する。

■ 「ハケンの珍客」見どころ

「ハケンの品格」で描かれるのは「スーパーハケン」VS「正社員」。

正社員になれば一生安泰ではなくなった日本社会。時代が変わっても、一匹おおかみのスーパーハケン・大前春子に太刀打ちできる者はいない。

春子が舞い戻ったS&Fの営業事業部・営業企画課にこの春配属された新入社員・井手裕太郎(杉野遥亮)と三田貴士(中村海人)。自覚も責任もなくミスの多い新社会人の彼らは、いつだって憂鬱(ゆううつ)である。

ミスがバレて、叱られるのが面倒くさい裕太郎。ミスがバレて、キャリアに傷をつけたくない三田。

ミスのたびに同じ営業企画課のハケン・福岡亜紀(吉谷彩子)と千葉小夏(山本舞香)に助けを求めるが、彼女たちも暇ではない。

そんな彼らに救いの手を差し伸べるのは、スーパーハケン・大前春子とは違うけど、ある意味「スーパーなハケン」たち。

「新社会人」×「スーパーなハケン」、その相乗効果はいかに。

■ 杉野遥亮 コメント

まだ配属される前の話だったりしますし、本編でも裕太郎という人間が定まっていない中での物語なので、僕自身「井手裕太郎」という人間を探りながらお芝居させていただいております。

「ハケンの珍客」は本編とはひと味違ったテイストを楽しめる作品だと思いますが、物語の根底には本編同様、“働くことの意味”を問い掛ける、愛のある作品だと感じていますので、ぜひ「ハケンの珍客」もお楽しみください。

■ 吉谷彩子 コメント

亜紀、小夏、井手、三田を中心に描かれる物語ですので、本編では戦々恐々としている4人の本当の素顔、意外な一面が見られる作品になっていると思います。ですので、それぞれのキャラクターの素に近い部分を本編と比べて見るのも面白いと思います。

現場でも普段から仲のいい4人ですが、「ハケンの珍客」の撮影でさらに絆が強くなっていると思いますので、「ハケンの品格」「ハケンの珍客」共に、楽しんでいただけたらうれしいです!

■ 山本舞香 コメント

宇野部長も里中課長もいない中での物語なので、4人それぞれが自分の色を出せていると思いますし、本編とは違った、いい意味で「ゆるい」、誰でも楽しめる作品になっています。

八嶋さん、ふせさんなど、Huluのキャストの方々もとてもすてきで面白く、現場も楽し過ぎて笑いをこらえるのが大変ですが…そんな空気感も伝わればと思っています!

■ 中村海人 コメント

本編では新入社員ということもあり、まだ自分を出せていない三田ですが、Huluオリジナルの「ハケンの珍客」では、僕も意外だった、“仕切りたがり屋”な一面など三田貴士の個性が出ています。

部署に誰もおらず、三田、裕太郎、亜紀、小夏しかいない状況だからこそ見ることのできる表情が多く詰まっているので、本編とのギャップにも注目してください!

■ 「ハケンの珍客」あらすじ

食品商社S&Fに入社した井手裕太郎(杉野遥亮)と三田貴士(中村海人)は、人事部の五輪薫(ふせえり)の軽率な手違いにより、すでに研修を終えた営業事業部を再び訪れることに。

そこにいたのは、ハケンの福岡亜紀(吉谷彩子)と千葉小夏(山本舞香)、派遣会社ワークゼアの田無元(永野宗典)だけ。

五輪から「今日は電話番ね」と取り残された裕太郎と三田が手持ち無沙汰に過ごしているのを冷ややかな目で見ている亜紀と小夏。

そんな中、運命の1本の電話が。

慌てふためいた裕太郎と三田は、突如訪れた社会人としてのピンチを秘密裏に回避しようと、田無にハケンを依頼、そのスキルにすがることにする。

そして、彼らの前に現れたのはスーパーハケン・大前春子ほどではないが「スーパーなハケン」一ノ江和美(八嶋智人)だった。(ザテレビジョン)