6月18日(木)からスタートする木村拓哉主演の木曜ドラマ「BG〜身辺警護人〜」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※初回は夜9:00-10:14)の第1話に、弘中綾香アナウンサーがゲスト出演することが分かり、コメントが到着した。

丸腰の状態で“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの生き様と戦いを描いた本作。

民間警備会社の身辺警護課に所属していた島崎章(木村)が、「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードに転身。「個人VS組織」の物語を軸にした新ステージとなる。

■ 木村拓哉と仲村トオルに挟まれてうろたえる!?

今回、木村とドラマ初共演の弘中アナに与えられたのは“ビジネス番組で著名人から話を聞くインタビュアー”という役どころ。

「私の中で『BG』は“すごく骨太な本格派ドラマ”というイメージがあったので、出演が決まったときは『私なんかが参加していいのかなぁ…。どのシーンで出るのかなぁ…』と、ちょっと戸惑いました」と、当初のドキドキの心境を明かす弘中アナ。

というのも、ドラマへの出演経験は何度かあるが「いつもは等身大の役が多くて、今回初めて役らしい役を頂きました(笑)」と話し、アナウンサーとしてもビジネス番組の経験がないという彼女は、今回が正真正銘のビジネス番組デビューとなる。

そして、インタビュアーに扮(ふん)した弘中アナが話を聞くのは、新キャスト・仲村トオルが演じる章(木村)にとって最大の敵となる大会社の社長・劉光明(りゅう・こうめい)で、背後から章が見守る中、劉の経営手腕に迫る。

気付くと、目の前には仲村、背後には木村という“豪華サンドイッチ状態”に「どこに立っていればいいのかすら分からず、ずっと緊張してオドオドしちゃいました」と、いつもは度胸たっぷりの弘中アナもうろたえてしまったという。

「木村拓哉さんは現場に入られただけで雰囲気が変わるような、存在感のある方!“俳優・木村拓哉”のオーラを背中越しにひしひしと感じました。目の前には仲村トオルさんもいらっしゃるし…!『顔を見ちゃいけないのかなぁ?見たいのになぁ…』なんて葛藤しながら、チラ見してました(笑)」と、撮影時を振り返った。

■ ドラマ撮影現場での木村拓哉の姿に感銘

そんな弘中アナが特に感銘を受けたのが、“ドラマ撮影現場での木村の姿”。

2018年1月期に前シリーズが放送された際に、木村がテレ朝社員食堂の新メニューをジャッジする「お願い!ランキング」(毎週月曜〜木曜深夜0:50、テレビ朝日)とのコラボ企画で共演した弘中アナ。

当時は木村と共に和気あいあいとした掛け合いを繰り広げていたが、「今回お会いしたのは、章さんモードに入った俳優の木村さん!前回とはまた雰囲気が違い、ボディーガードだからこそのピリッとした感じをまとってらっしゃって、それもまた格好いいなぁと思いました」と、俳優としての木村の印象を興奮気味に告白した。(ザテレビジョン)