2016年10月期の大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)を再編集した「『逃げるは恥だが役に立つ』ムズキュン特別編」第5話が6月16日に放送された。エンディングの“リモート恋ダンス”には新たに古田新太・藤井隆・大谷亮平も参加。“オールスター”の顔ぶれが思い思いの場所から恋ダンスを届ける展開で、ファンを喜ばせた。

■ “火曜日はハグの日”爆誕回にファン感激

海野つなみの人気コミックをドラマ化した同作。「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」だった主人公・森山みくり(新垣結衣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と契約結婚。恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち徐々にお互いを意識し出し、戸惑うというラブコメディーだ。

第5話で描かれたのは、2人の他人行儀さが周囲の人々の疑念を生んでいると考えたみくり(新垣結衣)と平匡(星野源)が、“新婚感”を醸し出すため奮闘するエピソード。「火曜日はハグの日」という名言が誕生した回だ。

2人が自然な気持ちでハグを交わすラストシーンに、SNSでは視聴者の「キュンとした!」「胸がいっぱいになった」といった声が飛び交った。

注目を集めるエンディングの“リモート恋ダンス”には、今回新たに平匡の職場の同僚を演じる3人、古田新太・藤井隆・大谷亮平が参加。すでに登場している新垣、星野、石田ゆり子、成田凌、真野恵里菜に加え、総勢8人の“オールスター”バージョンとなり、ファンを沸かせた。

■ 星野源「一生懸命やらせていただきました」

平匡役で出演する星野は、「逃げ恥」放送後の16日深夜(※日付は17日)に自身のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(毎週火曜深夜1:00-3:00、ニッポン放送)で“リモート恋ダンス”に言及した。

9日放送回のエンディングでは恋ダンスのほか、ぬいぐるみを抱えて熱唱する姿や、新ドラマ「MIU404」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系※初回は15分拡大して放送)の台本をめくる姿も披露していた星野。

リスナーに「いったい何通り(リモート恋ダンスを)撮ったのでしょう」と聞かれ、「恋ダンスを頭から最後まで踊ったテイクと、そういう風に(本をめくるなど平匡の動きを)ちょっと真似したテイクと、“もちくま”としゃもじで歌ってふざけたやつと3通り撮りまして。一晩かけました(笑)」と告白。

「家で、買いたてのカメラだったので、操作方法も調べながら、駆使して。で、スタンドもちょうど買ったとこだったんでセッティングして。ちょっと触ったら動いちゃうから三脚の足をガムテで床にとめたりとかね、一生懸命やらせていただきました」と、かなりしっかり撮影に向き合ったことを振り返った。

6月23日(火)には「逃げるは恥だが役に立つムズキュン!特別編」の第6話を放送する。みくりと平匡が“社員旅行”と称して2人きりの温泉旅行に出かけるエピソードが描かれる。

さらに、星野が主演する新ドラマ「MIU404」は26日(金)に放送スタートすることが決定。星野は「僕は、火曜10時と金曜10時に両方出る週があるっていうのがやべぇなって。そんな出方をした人がいまだかつて、そんなことが許されたことがあるのかって。嬉しいですね」と喜びを表現。

また、「逃げ恥」「MIU404」ともに野木亜紀子氏が脚本を務めることから、「野木さんの脚本のドラマが火曜と金曜にやるっていうのがすごいなって改めて思った」と、人気脚本家へのリスペクトも口にした。

ラジオを聴いたファンは「源さんのリモート恋ダンスへの本気度!!」「3通りのフルバージョンをぜひYouTubeにアップしてください!!」といった熱い感想で盛り上がっていた。

「『逃げるは恥だが役に立つ』ムズキュン特別編」第5話はTVerで無料配信中。また、全話がParaviで視聴可能となっている。(ザテレビジョン)