7月27日(月)、ドラマスペシャル「記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜」(夜9:00、テレビ東京系)の放送が決定した。

同ドラマは、2019年1月期に放送された北大路欣也主演の刑事ドラマ。新宿東署刑事課司法係長として再任用された車椅子の刑事・鬼塚(北大路)が、人並み外れた土地勘を頼りに、詳細に記憶した「昭和」と「平成」の街のイメージを呼び起こし、難事件を解決する。

キャリアながら鬼塚の下で捜査現場を学ぶ神(じん)を演じる風間俊介、刑事志望の熱意溢れる鬼塚の部下・遠山役の上白石萌音、ムードメーカー的存在の捜査一係長・栗田役の石黒賢、鑑識係長・木地本役の余貴美子らレギュラーキャストが再集結。

さらに、テレビ東京ドラマ初出演のSnow Man・深澤辰哉が、新キャストとして登場。深澤は、神(じん)に敵対するキャリア管理官・橘に扮する。

■ あらすじ

ある日、新宿区・須賀町で粕汁の集団食中毒事件が発生。鬼塚は記憶をさかのぼり、毒物が保管されている「新宿マキタ鉄鋼」に部下・遠山を向かわせる。保管されていたはずの毒物はなくなっており、新宿マキタ鉄鋼の経営者の妻・紀子が疑われる。

一方、刑事官・神(じん)は、管理官・橘と捜査方針を巡って対立する。令和の女殺人鬼を相手に、鬼塚が昭和と平成の記憶を武器にして事件解決に導いていく。

■ 北大路欣也コメント

視聴者の皆さまの応援もあって、「スペシャルでもやりましょう!」と言われたときはすごくうれしかったし、また素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと会えるというのが本当に幸せでした。

司法係は“縁の下の力持ち”というような部署ですが、しっかりしたポイントをつかんで、埋もれている物を引き出し、現実の事柄よりも深く突っ込んでいく。僕自身は、司法係に対する意識はあまりなかったのですが、裏にはこうやって支えてくれている方がいらっしゃるんだなと、どのポジションでもしっかりやらなきゃいけないと感じています。

風間俊介さんや上白石萌音さんなど、若手出演者との共演はものすごく新鮮で、レギュラーでやらせてもらった時も楽しかったんです。お互い気心が知れてくると、いろいろな部分で膨らみが出てくるし、何よりそれぞれの役柄と共に、お2人とも人間性も素晴らしい!本当に僕は良いエネルギーをもらっています。今あのお2人も舞台に映画にテレビに、大変なスケジュールだと思うんですが、だからこそ勢いがある。僕も負けちゃいられないと思います!

一言で「事件」と言ってもあらゆるパターンがあります。でもその中で、静かに人間の“心のひだ”を探りながら、そしてもし修正できるなら修正してあげたい。事件を起こしている側も人間だし、それに関わっている僕らもお互い人間で、だからこそ分かり合えないわけはない。

今回撮影したシーンでもあったんですが、 相手の今までの強引な気持ちがふっと折れて、いい人間に戻ってくれたらという希望を持って向かい合う。大変難しいけれど、やりがいのあるドラマだと思います。

■ 深澤辰哉(Snow Man)

正直、すごく緊張しました。やはり周りの方々がすごい方ばかりで、なおかつ事務所の先輩の風間くんが出ているということで、絶対噛んではいけない!間違えてはいけない!というプレッシャーもありました。そんな皆さんの中で釣り合うというか、ちゃんとお芝居としてできるかな?という不安はありました。

北大路欣也さんと共演させていただいて、もちろん僕がお芝居とかそういうことは言えないんですが、お芝居している時の近寄れないぐらいのオーラがありました。その一方で休憩の時に取材が入った際に、一番最初に立ち上がられて、取材相手の方に椅子を差し出してらっしゃる姿が印象的でした。北大路さんがこういうことまでしていらっしゃるんだと。どんなにすごい方でも周りに気を配られている姿勢を見て、今後僕も「これだけは忘れないようにしよう」と感じました。

風間くんにはアドバイスをもらったり、緊張しているのが伝わったのか、ほぐすような感じで話しかけてもらったり。すごくやりやすくて、勉強になったなと思います。

僕は役柄的にも年齢が下の方で、実際ももちろん下の方。そんな僕が大先輩である出演者の皆さんに指示を出したり、お芝居とはいえ、すごい画になっていると思いますので、たくさんの方々に見ていただきたいなと思います。

(ザテレビジョン)