6月21日深夜に放送された「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)で、日向坂46キャプテン・佐々木久美がMCからイジられる場面があった。

「リモート学力テスト」と題した一連の企画。今回は解答チェックの続編がオンエアされた。

英語の問題では、帰国子女の高瀬愛奈がその実力をいかんなく発揮した。

そんな中、「次の英文を和訳しなさい。 Kumi left the room without saying anything.」という問題に、佐々木久美は「久美は何も言わず 部屋を後にした。」と解答し正解に。

「あぁ〜よかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべるが、次の瞬間、番組MC若林正恭が「ライブの後かな?」とポツリ。

■ 悔しくないの?みんな?

さらに若林は「悔しくないの?みんな?」と声を上げ、さらに春日俊彰が「お台場のイベント…」と指摘。

「いわゆるTIF激怒事件」とテロップでも補足が入り、続けて若林が“TIF”での伝説の場面を再現した。

頬を赤らめる佐々木久美だが「やだぁ〜しっかり読んでる」とツッコミ。今年3月に発売された書籍「日向坂46ストーリー」にもつづられていた名場面を、若林も読んでいたことに感謝しつつ「しっかり読んでくれているじゃないですか」と最後は笑顔をのぞかせていた。

4月に放送された同番組内で、潮紗理菜によって朗読された名場面で、日向坂46(当時けやき坂46)のターニングポイントともなったシーンだ。ドキュメンタリー番組内でも放送され、大きな反響を呼んだ。

視聴者からは「TIF事件をいじられる佐々木久美さん」「本日の優勝は佐々木久美さん」「若様のささくモノマネ」の他、「ジュリアナに反応して踊りだすささくキャプテン」など、多くのメッセージが寄せられていた。

「日向坂で会いましょう」次回は、6月28日(日)深夜放送。「おばか女王決定早押しクイズバトル」をオンエア予定。(ザテレビジョン)