2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。6月15日〜放送の第12週は裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の人生を彩る周りの人物にスポットを当てた、スピンオフストーリーが放送され、中でも音の父が“幽霊”として登場した「父、帰る」は話題となった。今回は朝ドラにおけるスピンオフについて、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)

■ 様々な角度で登場人物を深堀り

朝ドラ「エール」第12週は特別編。これまでの本編の流れとは別に、音(二階堂ふみ)の亡くなった父・安隆(光石研)があの世からやってくる「父、帰る」、裕一(窪田正孝)と音の憩いの場・喫茶バンブーを営む夫婦・保(野間口徹)と恵(仲里依紗)の馴れ初めが語られる「古本屋の恋」、音の音楽の大先輩・双浦環(柴咲コウ)のパリ留学時代を描く「環のパリの物語」という番外編が3本立てで放送された。

朝ドラでよく出てくる幽霊話にしんみりし、裕一たちの子供時代に印象的だった久志の子役(山口太幹)にまた会えて喜び、環の過去の辛い恋には柴咲コウの熱演でこれをもっと広げたドラマが見たいと思ったほどであった。

朝ドラで番外編――スピンオフが作られることは珍しくないが、本編に組み込まれるようになったのは、前作「スカーレット」(2019年度後期)からである。「スカーレット」ではドラマも佳境を迎えた第21週(全25週)に主人公・喜美子(戸田恵梨香)の妹・百合子(福田麻由子)と夫・信作(林遣都)を中心にした、カフェサニーで繰り広げられる夫婦の物語が放送された。

脚本は本編の水橋文美江に代わり、喜美子の兄弟弟子役として出演もしていた三谷昌登が書いた。三谷は、「あさが来た」(2015年度後期)のスピンオフ「破れ鍋にとじ蓋」も書いている。

これは来年の朝ドラヒロインに決まった清原果耶演じるふゆと結婚した番頭(三宅弘城)の物語であった。

このようにスピンオフは主として本編の脇役たちの物語を、本編の脚本家を監修として、新鋭の脚本家が描く。本編撮影中、本編のセットを利用して収録し、本編終了後に別な時間帯で放送される。半年見てきた朝ドラファンへの特別なプレゼントみたいなものであった。

■ 初めてのスピンオフは「ちりとてちん」(2007年度後期)

朝ドラスピンオフが初めて制作されたのは、「ちりとてちん」(2007年度後期)。

放送終了後、「ちりとてちん外伝『まいご三兄弟』」が作られた(5月にクランクインという記事あり)。「つばさ」(2009年度前期)では「つばさ」総集編をPRするためにスピンオフ2本「好きと言えなくて〜青春編〜」「好きと言えなくて〜中年編(仮)〜」を番組ホームページで動画公開した。

「だんだん」(2008年度後期)では「ふるさと発 ショート・ドラマ『私の“だんだん”』」が作られたが、これは本編と同じ松江を舞台にした違う短編ドラマである。ちなみに、二階堂ふみがその一作に出演している。

朝ドラを長く見ていると、主人公のドラマだけでなく、主人公を支える人たちに親近感が沸くもので、「花子とアン」(2014年度前期)では主人公はな(吉高由里子)の幼馴染で彼女への報われない想いをずっと抱えてきた朝市(窪田正孝)のその後を描くスピンオフ「朝市の嫁さん」が制作された。

「ごちそうさん」(2013年度後期)では、主人公め以子(杏)の息子・泰介(菅田将暉)を中心にした「ごちそうさんっていわしたい!」が作られた。

「あまちゃん」(2013年度前期)は放送のあった年の紅白歌合戦で、「あまちゃん第157回」と最終回156回の続きとして、特別編を生放送で行った。

他に「べっぴんさん」(2016年度後期)や「なつぞら」(2019年度前期)にはスピンオフがあり、いまやスピンオフは定番かと思いきや、「ひよっこ」(2017年度前期)と「半分、青い。」(2018年度前期)はスピンオフを作っていない。

「半分、青い。」の脚本家・北川悦吏子は「これまでもパート2を作ったことがない」と一作入魂主義をTwitterで語り、岡田惠和は書くなら続編と「ひよっこ2」を作った。岡田は「ちゅらさん」(2000年度前期)でも続編を作っている。

このように本編に付随した別作品の作り方は作品ごとに違う。

余談だが、「おしん」(1987年)ではおしん役の田中裕子が体調を壊したため1ヶ月放送を休止、8月に本編も一週間休み、代わりに子役の小林綾子がおしんの故郷・山形を紹介するドキュメンタリー番組を放送した(NHK公式サイト 連続テレビ小説 制作者座談会より)。

■ 主人公たち以外の背景や思いをスピンオフで

いずれにしても本編以外の番組が作られることは、それだけ番組が愛されている証。

だが、朝ドラの放送時間帯に放送されないスピンオフだと、最初の放送がBS だったりもするため、知らずに見逃してしまいかねない。本編の補完としても楽しめるスピンオフを本放送に組み込めば、いつも見ている人がそのまま見ることができるという利点がある。

また、これは推測に過ぎないが、近年の視聴者はYouTubeの普及によって長い作品よりも短い作品を好む。そのため、連ドラも一話完結ものが増えているうえ、一話を2話の短編にして届けるドラマも登場してきた。

朝ドラもドラマを群像劇として様々な登場人物の物語を長い一本で見せるよりも、ひとりひとりのキャラクターの独立した短編にすることで、視聴者に親しみやすくしようと模索しているのかもしれない。

「スカーレット」で試みた本編組み込み型を、今回「エール」が引き続き踏襲したように見えるが、「スカーレット」は1週間(6回)連続もの。「エール」は3つの短編とスタイルが違う。

なんといっても、本編のセットを再利用するのではなく、スピンオフ用にセットを別途作っている。

地獄、古書店、パリのカフェやアパルトマンなどなど、かなり手間をかけているように思う。本編終了後の後日談ではなく、本編で描ききれなかった主人公たち以外の背景や思いを感じることができた特別編。こんな一週間も悪くない。(ザテレビジョン)