6月21日(日)に放送される主演・阿部サダヲ、ヒロイン・松たか子によるドラマスペシャル「スイッチ」(夜9:00‐11:04、テレビ朝日系)。放送に先駆けて20日、リモート会見の生配信が実施され、主人公の検事・駒月直(こまづき・なお)役の阿部サダヲ、ヒロインの弁護士・蔦谷円(つたや・まどか)役の松たか子、脚本を手掛けた坂元裕二、監督を務めた月川翔が参加した。

事前に集めた記者からの質問に加え、番組公式Twitterに寄せられた視聴者からの質問も4人に直撃。

『スイッチがオンになるほどハマッていることはありますか?』という質問に、阿部が、「ここ2カ月休みでボーッとしていたんです。朝起きて夜ごはんのことしか考えてなかった(笑)。だから今はお芝居にハマッています」、松が「思いもしなかったけど裁縫にハマりました。家にある布を探して夜な夜な子どもの服とかを作っていました」と、自宅での過ごし方を告白。

その後、『お二人が入れ替わったとしたら何をしたいですか?』という質問に阿部が「松さんになったら…まぁ洋服を作るでしょうね(笑)」と答え、一同大爆笑。 

一方、松は「阿部さんになったら革ジャンを着てスリッパを投げたいです(笑)」と、阿部の所属するバンド・グループ魂を意識した回答を繰り出し、息ピッタリな掛け合いを披露。

リアルタイムで視聴者が書き込むコメントには「素の二人が見られてうれしい!」「いつまでも話を聞いていたい!」などの声が続出した。

■ 「スイッチ」あらすじ

連続通り魔事件で対峙することになった元恋人同士の検事と弁護士――。

「みなとみらい連続突き飛ばし事件」で対峙することになった元恋人同士の検事・駒月直(阿部サダヲ)と弁護士・蔦谷円(松たか子)が、それぞれの立場から事件の真相を追う姿を描く。一見、すぐに解決するかと思われたこの事件、物語は思いもよらぬ展開へと突き進んでいく。

そんな中、直は料理研究家・佐藤亜希(中村アン)から、円は広告代理店勤務の鈴木貴司(眞島秀和)からそれぞれプロポーズされる。

石橋静河、岸井ゆきの、井之脇海ら若手キャストから、嶋田久作、尾美としのり、高畑淳子らベテランまで、実力派俳優陣が演じる個性あふれる登場人物が入り乱れる坂元ワールド全開のリーガルサスペンス×ラブストーリー。(ザテレビジョン)