6月26日放送の「ぴったんこカン・カン」(毎週金曜夜8:00-8:54、TBS系)では、「輝く!ぴったんこリクエスト大賞」と題し、米倉涼子との秘蔵映像を一挙放送。当時「彼氏みたいにうれしい」と涙ながらに喜んだ映像を受けて、米倉がスタジオで涙する一幕があった。

スタジオには、ゲストに米倉が初登場。15年間で12回の登場を果たした、当時の映像の中から名場面を放送した。初登場は2005年7月放送回。当時29歳だった米倉と、安住紳一郎アナウンサーが浴衣姿で登場。下町浴衣デートを楽しんだ。

12回の放送を振り返る中で、米倉が涙を浮かべたのが、7回目の出演となった2012年8月放送回。安住アナが海を越えてサプライズ訪問したときのこと。

アメリカ・ニューヨークのタイムズスクエア前からスタートし、安住アナは「実は今回のゲスト、米倉涼子さんが日本人女優としては54年ぶりにここニューヨークでミュージカルの舞台に主演するということで、今日はその模様をご覧いただきたいと思います」と説明。米倉のブロードウェイデビュー作、ミュージカル「CHICAGO」の初日公演を観覧した。

タキシード姿に着替え、劇場前からリポートする安住アナは「ドレスアップして来なくてもいいのかなという雰囲気ですが、そんな日本人のリポーターが勘違いしてタキシードを着ているという雰囲気も地元の皆さんには若干ウケている」と自虐的に語った。

そして上演後は、100本のバラの花束を抱えた安住アナが、米倉の楽屋を訪問。

驚いた米倉は、「まつ毛取っちゃった」「やっぱり来てた!」と慌てた様子。米倉が「分かった? 英語?」と涙ながらに聞くと、「分かりましたよ」と安住アナ。米倉は「彼氏みたいにうれしいんだけど」と泣き笑いしていた。

当時のVTRを見ながら涙を流した米倉に、久本雅美が「ニューヨーク素晴らしかった」と涙ぐみながらコメント。「終わった後の、何とも言えないときにやっぱり安住っていう知り合いが来てくれて、会えるって…あんな喜びないよ」と米倉の気持ちに共感すると、米倉もあらためて「本当にうれしかったです」と明かした。

安住アナも当時を振り返り、「本当にあの時の米倉さんは、日本でのキャリアを全部捨てて、そして名もなき1人の女優としてアメリカ乗り込んでっていうね。周りがみんな米倉涼子、日本人、どうなんだっていうのが、一気にひっくり返ったんですよね」と語った。

“彼氏みたい”と言われたことについて、久本からツッコまれると「彼氏みたいって言われたんだけれども、『じゃ、忙しいんで』って言われて帰されたんですよ、すぐ」と安住アナ。「意外に大事にされたようでされてない」と言い、笑いを誘った。

視聴者からは「米倉さんと安住さんはやっぱりお似合い!」「くっつきそうでくっつかない状況をずっと見ていたい」、などの反響が寄せられた。

次回は「ぴったんこカン・カン」7月10日(金)放送予定。(ザテレビジョン)